絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
『ぼくのともだちおつきさま』*アンドレ・ダーハンさんの愛溢れる絵本
『ぼくのともだちおつきさま』




作:アンドレ・ダーハン
文:きたやまようこ
出版社:講談社



ぼくと おつきさまの 素敵なめぐりあいと

友情が描かれた、

愛溢れる絵本。


アンドレ・ダーハンさんの描き出す

ほのぼのとしたタッチの絵と、

 純粋な気持ち、 愛に満ちた言葉、

やわらかな色彩が ハートも温かくしてくれる、

大好きな作品です♪


楽しくて、ドキドキして、

明るくて、ウキウキして、

そして、 この上なく やさしいストーリー。


アンドレ・ダーハンさんは

1935年、アルジェリア生まれ。

フランスの国立パリ工芸学校を卒業した後、

パリ装飾美術学校で美術を教える傍ら

イラストレーターとして活躍されていました。


『ぼくのともだちおつきさま』は、1987年に発表された

アンドレ・ダーハンさんの初めての絵本作品。

(日本では1999年に第1刷が発行されました。)


その後も、数々の素敵な絵本を出版されていますが、

作品にはお月さまやお星さまが 度々登場します。



はるか昔、コルシカの海辺の小さな家の中で

自分の人生について、

そして自分の存在について考えていたとき


とても暗い夜、聞こえてくるのは

波が浜辺で砕ける音だけ・・・

なんとなく憂鬱な気分になっていた時に

目の前にオレンジ色の大きな月が現れて、


その月はあまりに大きく、さわれそうな気がするほどで、

そのときに ”わたしはもうひとりではない” と感じ、

この気持ちを絵本に表現しようと思われたのだそうです。


・・・月と星のない夜はなく、月も星も輝いていて、

喜びにあふれた素晴らしいもの。

どんなときもそこにいて、

いつも静かに空から見ていてくれる月は、

彼にとって 特に思い入れの強い存在なのだそうです。


絵本ナビインタビュー記事より)


そういえば、アンドレ・ダーハンさんの描くお月さまって、

オレンジ色や、ほんのり赤みがかった

サーモンピンク色だったりして

元気がもらえる色なんですよね♪♪♪



友達や家族、大好きなひと、愛する人と

一緒にいられるだけで嬉しい。


”いっしょにいると 100ばい かがやく、

さいこうに すてきな めぐりあい”


こういう気持ち、いつまでも大切にしたいなぁ(*^^*)


↑「私もこの絵本が大好き」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


[2015/08/03 00:45] | 5号車*宇宙・星・月 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『とけいのあおくん』*『ただのしろいふうとう』 | ホーム | 『あなたってほんとにしあわせね!』*>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/88-5ab6fc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR