絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
リンドグレーンからの贈りもの*長くつ下のピッピ
『こんにちは!長くつ下のピッピ』

こんにちは、長くつ下のピッピこんにちは、長くつ下のピッピ
(2004/02/17)
アストリッド・リンドグレーン

商品詳細を見る

愉快!痛快♪ 世界一強くてやさしい女の子、

ピッピの物語は、58カ国もの言葉に翻訳され、

世界中の子どもたちに愛され、

70年もの間、大切に読み継がれています。


このお話が生まれたのは、1941年の冬。

想像力が人一倍豊かだったという

7歳の娘のカーリンちゃんが肺炎にかかってしまい、

ベッドで、「長くつしたのピッピのお話を聞かせて!」とせがまれ、

娘を喜ばせたい一心で

とっさに考え出されたものだったそうです。


スウェーデン語で ”ピッピ ロンガストルンプ”

・・・とっても変わった名前だったので、

アストリッド・リンドグレーンさんは、

「変な女の子の話にしなければ!」と考えて、

”ごたごた荘”に 馬とサルと一緒に暮らす

ピッピのお話を作って聞かせました。


カーリンちゃんはそのお話をとても気に入り、

そのうち、学校の友達もみんな

「ピッピの続きを聞かせて!」と集まるようになりました。


それから3年後・・・。冬の凍りついた公園脇の歩道で

運悪くすべって、足をくじいてしまったリンドグレーンさんは、

お医者さんから2週間の安静を言い渡されてしまいます。


そこで、「この機会にピッピのお話を書こう!」と思い立ち、

きれいに綴じて、カーリンちゃんの

10歳のバースデープレゼントにしたそうです♪

(『遊んで、遊んで、遊びました~リンドグレーンからの贈りもの~』より)


ピッピの物語誕生に、こんな素敵なエピソードがあったなんて♪(*^^*)

遊んで、遊んで、遊びました―リンドグレーンからの贈りもの遊んで、遊んで、遊びました―リンドグレーンからの贈りもの
(2005/11)
シャスティーン ユンググレーン

商品詳細を見る


このお話の一番好きなところは、

ピッピが 物事を何でもプラスに切り替えてくれるところ!

大人になってから読んでも、ピッピから学ぶことだらけ!(笑)


勇気をもらえたり、元気になったり。

子どもたちがそのまま真似したらどうしよう、なんて

ハラハラドキドキするところもありますが、(そんな余計な心配をよそに^^;)


子どもたちは大笑いして、夢中になって、

私の凝り固まった常識を覆してくれて、

本当に、楽しく愉快になってきます♪

大人こそ、読むべき!? 愛すべき物語です。



 
↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑




ピッピ、公園でわるものたいじピッピ、公園でわるものたいじ
(2009/05)
アストリッド リンドグレーン

商品詳細を見る



ピッピ、南の島で大かつやくピッピ、南の島で大かつやく
(2006/06)
アストリッド リンドグレーン

商品詳細を見る

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/12/03 00:03] | 2号車*女の子と男の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<トーベヤンソン展 & MOOMIN!ムーミン展♪ | ホーム | リンドグレーンからの贈りもの*>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/62-9bcae42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR