FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
命を吹き込む*パペットアニメーション
45年以上もの 時を超えて、

今も 私たちの心を揺さぶる

ロシアのパペット(人形)アニメーション。

miton2 (2) - コピー 
(C)MITTEN+PROJECT

『ミトン』(1967年)と、『チェブラーシカ』(1969年)は、

ロマン・カチャーノフ監督の最高傑作と言われています。


『ミトン』は、寒い季節に心がホッと温まる

切なくて、愛おしい物語。 


小さな女の子、アーニャは

お友達の家で生まれた、かわいい仔犬をもらい、

大喜びで 家に連れて帰りますが、

「すぐにかえしてきなさい!」と、

お母さんに叱られてしまいます。


ひとりぼっちで寂しくて、

雪の上で、真っ赤な手袋と一緒に遊んでいると・・・

不思議なことに、

手袋(ミトン)が、本物の犬に変身して・・・!?

 
(C)MITTEN+PROJECT

『ミトン』はセリフのほとんど無い映画なのですが、

胸にジーンと伝わってくるものがあって、

冬が近づくと、いつもこの物語を思い出します。



『ミトン』公式サイトはこちら

miton2 (2)


この映画の美術監督を務めたのは、

レオニード・シュワルツマンさん。


”ミトン” も ”チェブラーシカ” も、

映画に登場する キャラクターは全て!!

彼の描いた原画をもとに制作されたのだそうです。

チェブラーシカの生みの親 レオニード・シュワルツマン原画集チェブラーシカの生みの親 レオニード・シュワルツマン原画集
(2002/08)
レオニード シュワルツマン

商品詳細を見る
 


パペットアニメーションを制作する10年ほど前の 

1957年に、アンデルセンの原作をもとに制作された

『雪の女王』(長編アニメーション)。


雪の女王にさらわれた少年カイを

氷の宮殿から救い出す

ひたむきで、可憐で、勇敢な少女ゲルダ。

心臓と眼に 氷の鏡の破片が突き刺さり、

冷たくなってしまったカイの心を

ゲルダの愛が溶かします。


雪の女王 ≪新訳版≫ [DVD]雪の女王 ≪新訳版≫ [DVD]
(2008/07/02)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る

スタジオジブリの宮崎駿監督も

多大な影響を受けたという 素晴らしい作品!


シュワルツマンさんは、ヒロインのゲルダを描くときに、

この少女に「命を吹き込むこと」、そして

彼女の「善良さ」、「無償の愛」などを描くことが

何より重要と考えておられたそうです。


ゲルダの 清らかで、澄んだ瞳が印象的です。


のちに、平面のアニメーションから、立体の世界へ。


それぞれのキャラクターはすぐに出来上がったものの、

”チェブラーシカ”だけは、難しく、

カタチにするのがとても大変だったそうです。


「どこにもいない」、「正体不明」の、

そして 「皆に愛される」、

「善良な」存在の 「愛らしい生きもの」・・・。


原作のウスペンスキーさんのお話の中では、

チェブラーシカの外見については、

抽象的な表現が多く、

大きな耳があることさえも 書かれていなかったとか!

新訳 チェブラーシュカ―ワニのゲーナとおともだち新訳 チェブラーシュカ―ワニのゲーナとおともだち
(2002/12)
エドゥアルド ウスペンスキー

商品詳細を見る

シュワルツマンさんは、

イメージをふくらませて、何度も監督と話し合い、

ついにカラーデッサンと、パペットの図が完成したそうです。

チェブラーシカ [DVD]チェブラーシカ [DVD]
(2008/11/21)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る

映画『チェブラーシカ』公式サイトはこちら


”チェブラーシカ”や”ミトン”に 命を吹き込み

愛らしい姿を この世に送り出してくれた、

シュワルツマンさん。


どこか切なく、哀愁漂う 音楽と物語。

独りぼっちで孤独なキャラクターたちの

心の動きやしぐさ…


見終わる頃には、なんだか心温まる、

優しさと 愛情溢れる物語。

何度見ても、胸を打たれます。 


 
↑「私もこの映画が大好き!」または、
「観てみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑







[2014/09/09 23:22] | 14号車*愛のこもったアニメーション | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<可憐な 花の精*アンデルセンの世界 | ホーム | 哀愁のチェブラーシカ>>
コメント
私もこれらの作品全部大好きです! みんな同じ方のデザインだったのですね!
チェブは一目見て大好きになって、だいぶ前、古い訳のレトロな原作本を本屋さんで見つけて即買いでした(すごく安かったです!)。ミトンのぬいぐるみも持ってます♪
この原画集は入手しなくては。。と思いました。
今度娘とイルフでの原画展に行こうと思っています。
[2014/09/11 09:48] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
こんばんは!ゆめのゆきさんも、ミトンのぬいぐるみお持ちなんですね~♪♪私も大好きで飾ってます♪一番お気に入りの貴重なミトンは、娘に奪われましたが(笑)チェブラーシカのレトロな原作本!!素敵ですね(*^^*)シュワルツマンさん、お写真で拝見しただけでも、温かいお人柄が伝わってくるような感じで、きっと、原画も素晴らしいんでしょうね! お嬢様とイルフの原画展に行かれるんですね!また色々教えてくださいね!武井武雄さんの、刊本作品の、『モスクワの月夜』面白そうで読んでみたいです。あと、『おろしゃの旅』という本が、ソ連を旅したときの紀行文で、思わずふきだしてしまうほど面白いそうです!もし、イルフにあったら、ぜひ見てみてくださいね~
[2014/09/13 23:02] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/45-f98216c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。