絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
哀愁のチェブラーシカ
絵本原画展



2014年9月4日~11月3日

イルフ童画館 (長野県 岡谷市)


武井武雄の絵の中を旅する

(武井武雄 展示室にて同時開催)


待ちに待った、チェブラーシカ展♪

イルフ童画館にて2014年 9月4日より11月3日まで開催されています。



エドゥアルド・ウスペンスキーさんの童話、

『ワニのゲーナとおともだち』に登場する

不思議で可愛い 謎の生き物、

チェブラーシカ。


1960年代、ロシアでアニメーション化され、

絶大な人気を誇っています。


日本では、2001年に映画が公開され、

その愛らしさと 、

どこか懐かしく、哀愁漂うストーリーに

多くの人が魅了されました(*^^*)


展覧会では、ロシアの作家たちが描いた 絵本原画や、

アニメーションに使用された人形などが 展示されるそうです。


ワークショップも充実していて、

全て行きたくなるくらい♪ 魅力満載!!


「マトリョーシカ」作りや、

「ロシア刺繍」を体験できたり・・・


「羊毛フェルトで ワニのゲーナのお友だちをつくろう!」とか、

「樹脂粘土で チェブローチをつくろう!」

なんていうのもあって・・・♪ 素敵すぎ(*^^*)

想像するだけでも ワクワクします♪ ♪


こちらは チェブラーシカの生みの親、

レオニード・シュワルツマンさんの 素敵な原画集。

チェブラーシカの生みの親 レオニード・シュワルツマン原画集チェブラーシカの生みの親 レオニード・シュワルツマン原画集
(2002/08)
レオニード シュワルツマン

商品詳細を見る

チェブラーシカだけでなく、

『雪の女王』や 『ミトン』などの原画も

掲載されていて、何度見ても心が温まります。

ミトンミトン
(2003/09)
ジャンナ・ジー ヴィッテンゾン、はっとり みすず 他

商品詳細を見る


シュワルツマンさんは、1920年旧ソ連ミンスク市生まれ。
(現在は、ベラルーシの首都)

当時は小さな田舎町で、ご両親は

どんなに貧しくとも、子供たちが健康に、

十分な教育が身につくようにと育ててくれたそうです。


1935年、ミンスクに美術学校ができ、入学。

1938年には、レニングラード(現・サンクトペテルブルク)の美術学校へ。


エルミタージュ美術館や、様々な劇場がある、

この美しい町で過ごした4年間は、

かけがえのないものだったそうです。


その後、戦争のため、辛い冬の時期を過ごします。
 
恐怖と寒さと飢え、厳しい労働・・・。

平和を望む多くの人々が、傷つき、犠牲になり、翻弄される戦争・・・。

1941年から42年は、シュワルツマンさんにとって、

一番怖くてつらい冬だったそうです。


戦後、ソ連のアニメーション映画の創始者の一人、

イワン・イワノフ=ワノー監督の率いる映画学科で学び、

人生の新たな幕開け。


ロマン・カチャーノフ監督と出会い、

たくさんの素晴らしい映画を制作します。


彼とともに働いた1965年から1974年は、

”とても充実した時期だった” 振り返っておられます。


『ミトン』(1967年)や、

『チェブラーシカ』(1969年)など、

シュワルツマンさんがおられなかったら、存在し得なかった、

この上なく愛らしいキャラクターたち(*^^*)


パペット(人形)アニメーションの世界は

大人から子どもまで、多くの人に愛されるようになります。



チェブラーシカ [DVD]チェブラーシカ [DVD]
(2008/11/21)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


同時開催の「武井武雄の絵の中を旅する」展

武井さんとロシアのつながりも、とても気になるところ!


1 9 6 8 年、児童文化訪ソ団の団長として

初めてソ連( 現ロシア) を訪れた武井さん。

実はこれが初めての海外旅行で、7 4 歳の時だったそうです!


かつて郷土玩具を集めていた頃から、

ロシアに大変興味を持っておられたとのことで、

「マトリョーシカ」と、日本の「こけし」の

深いつながりも知ることができるかも・・・!?


武井さんの絵に描かれる、

どこか不思議な世界も

ロシアと深く関係しているのかな、と思うと、

興味深いです!


 
↑興味をもってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


[2014/09/05 10:06] |   その他 海外の作家・作品 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<命を吹き込む*パペットアニメーション | ホーム | 本の宝石>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/44-9f940438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/06 09:32)
岡谷市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
[2014/09/06 09:32] ケノーベル エージェント
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR