絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
夢見る大正・昭和のファンタジー
この夏、どうしても行きたい展覧会がふたつ♪♪

 武井武雄の世界展 

(2014・8/6~8/18 大阪府*髙島屋大阪店)


(2014・8/23~9/28 石川県*小松市立宮本三郎美術館) 






② キラキラをえがいたふたり 武井武雄と初山滋 

(2014・6/19~9/1 長野県*岡谷市 日本童画美術館 イルフ童画館)  



kirakira 2




いわさきちひろさんが愛した2人の童画家、

武井武雄さんと、初山滋さん。

息をのむほど美しいといわれる原画。

まだ一度も見たことはなく、永遠のあこがれです。


武井武雄さん(1894-1983)は、

長野県 岡谷市(当時 諏訪郡平野村)生まれ。

takeitakeo 1

大正から昭和にかけて、

” こどもの心にふれる絵 ” の創造をめざして、

『コドモノクニ』などの 児童向けの雑誌に、

夢あふれる芸術的な作品を たくさん描きました。


「 童画 」*〈大人が描くこどものための絵〉*

という言葉を生み出し、

それまで童話の添え物として扱われていた絵に、

いのちを吹き込んだと言われています。

イソップものがたり 最新版イソップものがたり 最新版
(2014/06/27)
武井 武雄

商品詳細を見る


”子どもにこそ本物の芸術を見せなければいけない”

と考えていた武井武雄さんは、

その分野を確立させるために

生涯をささげました。

武井武雄の本: 童画とグラフィックの王様 (別冊太陽 日本のこころ 216)武井武雄の本: 童画とグラフィックの王様 (別冊太陽 日本のこころ 216)
(2014/02/24)
イルフ童画館

商品詳細を見る



①は、武井武雄さんの生誕120年をお祝いして、

全国を巡回している展覧会。


故郷・長野県を はなれての、

はじめての巡回展だそうで、

東京からスタートして、いよいよ、大阪にやってきます♪


「こどもの国の魔法使い」と称される

武井武雄さんの世界、

じっくり堪能できるといいな。


②は以前からずっと行きたかった、イルフ童画館の展覧会!!

この美術館は、いつも素敵な企画展をされていて、

ワークショップもとても充実♪


過去に荒井良二さんや、

酒井駒子さん、あだちなみさん、

岡部冬彦さんの原画展も開催されていて、

どれも行けず・・・(涙、涙)


素敵なチラシを見ては、ため息。


それから、武井武雄さんの憧れであったという、

竹久夢二さんの展覧会もあったそうで・・・。


今回こそ後悔しないように、

ちょっと遠いけど、行きたいな♪



そして、この夏、どうしても行きたいお店が大阪に!!

夜長堂さん

大正、昭和のレトロモダンな図柄を用いた

紙ものや雑貨を作っておられます。

月に数回しかオープンされていないので、

スケジュールが合うといいな♪

takei choko 



こどもたちに、本物の芸術を与え続けた

武井武雄さんと、初山滋さんの贅沢な展覧会♪

二人の巨匠が描いた

きらめきの世界を楽しみたいです。


 
↑興味をもってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


[2014/07/03 22:44] |   武井武雄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<可愛すぎるタコ♪『Herman the Helper』 | ホーム | 永遠のモダニスト♪初山滋『たなばた』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/30-6488e480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR