絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
マレーク・ベロニカさん来日♪♪♪
♪ハンガリーの絵本作家、マレークベロニカさん来日♪  


ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本)ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本)
(1965/07/14)
マレーク・ベロニカ

商品詳細を見る

2014年6月8日  愛知県名古屋市*国際センター

「ハンガリーフェスティバル」♪


マレーク・ベロニカさんが、来日されました!

ご本人にお会いできて感激♪♪♪

 

『ラチとらいおん』や、

可愛いくまの『ブルンミ』シリーズ、

『キップコップ』シリーズなどを出版されている、

私も子どもたちも、大好きな絵本作家さん。   

ブルンミのピクニックブルンミのピクニック
(2006/05)
マレーク ベロニカ

商品詳細を見る
 


1937年、ハンガリー・ブタペスト生まれ。

人形劇場で働いた後に、フリーとなり、

イラストや、人形劇、アニメの脚本などを手掛けてこられました。


76歳の現在でも、世界中の子どもたちに愛される、

数々のすばらしい絵本を生み出しておられます。



ベロニカさんは、大の日本好きで、毎年 来日されているそう!

何度も訪れている日本は、” 第二の故郷 ”というほど

気に入っているそうです。


「日本が大好き!」と言ってくださる海外の絵本作家さんが多くて

とても嬉しい!!(*^^*)



ハンガリ-の首都、ブダペストはとても美しい街で、

* ドナウの真珠 * や、* ドナウのバラ * 

といわれているそうです。 ぜひ訪れてみたい~♪

rati 4 

ハンガリーの絵本、作家の方々の紹介や、

ベロニカさんが製作された、アニメーションの 上映にワクワク♪ 


『ラチとらいおん』と、『耳がチェック柄のうさぎ』♪


これらは、ハンガリーの幻灯機の映写によるもので

普段は観ることのできない、貴重な映像だそうです。 

rati 1

初めて観る、ハンガリーの幻灯機のアニメーション。

ノスタルジックで、温かくて、ゆったりしたリズムの心地よさ。

子どもたちも不思議な感覚に 見入っていました。

動きも可愛くて、アニメーションの世界に引き込まれました(*^^*)



大阪の谷町にある、東欧雑貨の素敵なお店、「チャルカ」でも

上映されたことがあるそうですね!

「チャルカ」のお店の方はベロニカさんと親交が深く、

イベントなども色々と開催されているそう♪  http://www.charkha.net/

チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
(2005/09)
チャルカ

商品詳細を見る



このアニメーションには、セリフが無いため、

製作するのが難しく、ベロニカさんは

何度も工夫を重ねられたそうです。


『耳がチェック柄のうさぎ』は、

ビルの屋上の、 古ぼけたスーツケースの中に住んでいて、

朝起きると、望遠鏡で街の様子をのぞきます。

困っている子どもを見つけると、耳をプロペラにして、

ヘリコプターのようにして、飛んでいきます。





『ラチとらいおん』は、1970年代に、

「絵本とは少し違うイメージで作ってほしい」と

ドイツの出版社に依頼されて製作したものだそうです。


淡いトーンの色使いと、洗練されたデザイン、

ともに 魅了されました。    


 
上映会の後は、子どもたちへ  

可愛い絵かき歌の贈りもの♪

出来上がったクリスマスツリーを逆さにすると・・・

サンタさんの登場〜!




こんな心温まるエピソードもお話してくださいました♪


ベ ロニカさんはとってもおてんばな女の子で、

隣のお家があいていたら、 ひそかに入って、

ベッドの上で飛び跳ねたりして、いつもいたずらしていたそうです。


そんな様子をみた大家さんは、机の上に 

そっと 紙とえんぴつを用意しておきました。

それを見つけたベロニカさんは、ずーっと長い時間、絵を描き続け、

とても落ち着いて過ごし、

それ以来、もうイタズラはしなくなったそうです。



ベロニカさんのご両親はお医者様で、忙しく、

ゆっくり絵本を読んでもらったことはなかったそう。


早くから自分で字を読めるようになったため、

本を読むのが 大好きになったそうです。

もちろん、絵を描くことも♪


日本との出会いは、お母さまがパリで買ってこられた、1枚の絵。

部屋のベッドの上に飾ってあったその絵には、

京都の女性の姿、窓の外には川があって、

ちょうちんが光っている 様子が描かれていたそうです。

(鴨川や舞妓さんの絵かな?と想像~^^)

日本に来て、初めて訪れた街は京都だったそうです。


お母さまがが飾られていた その絵は、

「私への” 日本への招待状 ”だったのではないか」と

おっしゃっていました。  

 
いただいた資料の中の、ベロニカさんのメッセージ。

とても素敵だったので 、

ご紹介させていただきます。

(※オフィシャルサイトでも同じ内容のものが紹介されています。)

**************************************************

私の子ども時代は、遊びのように楽しくて、
永遠に終わらないでほしいと思っていました。

大人になって職業を選ばなくてはならなくなったときは 困りました。
やってみたいことがありすぎたのです!

それで、いろんなことにチャレンジしてみました。

そんな中、運命に導かれて、ある特別な可能性が
与えられました。絵本づくりです。

おはなしを頭の中で作って、書き出して、絵を描く。
これほど面白い遊びはないでしょう?

幸いにも、子どもたちは私の絵本を気に入ってくれて
こうして私の運命は決まったのでした。

たくさんの本を作りました。

お話や、人形劇や、テレビ番組や
ラジオ番組や、映画の脚本を書きました。

私の人生、ずっと遊んで生きてきました。

そうしてもう76歳を迎えましたが、
まだまだ やってみたいことがたくさんあって、

今もそれを心の中で温めています。

************************************************

私もベロニカさんのように、人生を楽しく生きていきたいな♪


子どもたちへの愛情あふれるマレーク・ベロニカさんの

温かいお人柄に触れることができて、本当に幸せです♪


子どもたちへの愛あふれる絵本を作っておられる方って

素敵な方ばかりだな~、という想いが、ますます強くなりました!


マレーク・ベロニカさんの公式サイトはこちら♪

 
↑「私もこの作家さんが大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


[2014/06/08 12:15] |   マレーク・ベロニカ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ハンガリーの愛らしい絵本♪『ブルンミのピクニック』 | ホーム | 幸せの宿る場所*>>
コメント
はじめまして!
マレーク・ベロニカさんの講演会、うらやましいです!
「ラチとらいおん」の幻灯、なんてすてきなんでしょう!
今のポップな絵柄で描き直したものなんですね〜
私も機会があったら、ぜひお会いしてみたいです〜

縫い物は苦手な私ですが、娘が幼稚園のときに、らいおんの小さなぬいぐるみは作りました。
今読み聞かせをしている特別支援学級の子ども達に、この絵本は1年の最後の3月に読んであげようと今から決めている私です♪

結衣さんの絵本セレクト、私の好みの作品ばかりで嬉しくなってしまいました♪(くんちゃんやアマールカ、ペチューニア etc)
また遊びにこさせてくださいね^^
[2014/06/29 21:29] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
ゆめのゆき様

はじめまして!とっても素敵なコメントをいただき、感激しております♪ 
マレーク・ベロニカさん、初めてお目にかかりましたが、本当に温かい方でした(*^^*)絵本が大好きで、作家さんのことも、知れば知るほど、ますます、その魅力溢れるお人柄に 引き込まれました。
らいおんのぬいぐるみを手作りされたんですね♪心がこもっていて、本当に素敵ですね~!
好きな絵本や想いを、ゆめのゆきさんと共有できて、嬉しいです。

ゆめのゆきさんのブログも楽しく読ませていただきました!「だるまちゃんとかみなりちゃん」、私も あの近未来のシーンが大好きです!

今はわが子のことで精一杯ですが、いつかゆめのゆきさんのように、読み聞かせで、たくさんの子どもたちに愛を届けられる活動がしたいです。
心温まるメッセージをありがとうございました(*^^*)
[2014/06/30 14:55] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/24-f82edf97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR