FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
新しく生まれ変わった蒸気機関車館*『おじいちゃんのSLアルバム』
『おじいちゃんのSLアルバム』



写真・原案:佐竹保雄
文:小風さち
出版社:福音館書店



SLが大好きな男の子が、大井川鉄道の駅に行って

ドキドキしながら、初めてSLの写真を撮ります。


お父さんから 昔おじいちゃんがSLの写真を

撮っていたことを教えてもらった男の子は、

京都に住むおじいちゃんへ手紙を書きます。


「いつかおじいちゃんのとった写真も見せてください。」


おじいちゃんは日本各地を旅して撮ったSLの写真を

アルバムにして送ってきてくれました。


この絵本には、まだSLが活躍していた頃の貴重な写真や

臨場感あふれる 迫力ある写真、

列車を撮影するときのコツや注意点などがいくつか

紹介されていて色々と楽しめます。


そして最後のページには

京都の「梅小路蒸気機関車館」に

保存されていたSLの写真が一堂に(^^)

umekouji 1
↑左から9633、D51、C62(京都鉄道博物館にて撮影)


「梅小路蒸気機関車館」は2015年8月に閉館。

扇形車庫とターンテーブル、旧二条駅の駅舎など、

ノスタルジックな雰囲気が大好きだったので

閉館すると知った時はとても残念に思っていたのですが、


2016年4月29日に日本最大級の

京都鉄道博物館として

新しく生まれ変わりました!


全国各地から運ばれてきた

夢のスーパートレイン53両が勢ぞろい♪

世界で初めての寝台列車、特急581系や

2015年3月に運行を終了した

トワイライトエクスプレスも展示されています。

kyoto SL 1


SLエリアには明治から昭和にかけて活躍した

SLが20両も保存展示されていて、

このうち8両は、今でも動く状態に整備されています。


扇形車庫もターンテーブルも、

旧二条駅の駅舎も、

SLスチーム号もちゃんと残されていました♪

明治生まれの136歳、「義経号」も見られます!

kyoto SL3


おすすめは屋上のスカイテラス。

ここからは東寺の五重塔や、

東山方面、京都の町並みが一望できます。


新幹線をはじめ京都線、嵯峨野線など

行き交う列車を展望デッキから眺められ、

運がよければドクターイエローも見られるそうですよ♪


SLから新幹線へ。

日本の鉄道の歴史。

世界に誇る鉄道技術。


私たちが現在こうして日本各地を

自由に快適に移動することができるのも

夜を徹して作業してくださっている方々のおかげ。


そして、戦後の焼け野原から

「日本の復興のためには鉄道が欠かせない」と

設計や開発に携わってこられた

たくさんの技術者の方々の たゆまぬ努力のもとに

成り立っているんですね。


子どもが列車に夢中になるまでは

あまり興味がなかった鉄道の世界でしたが、

鉄道車両の一つ一つに想いが詰まっていることを知って

その度に魅了されます。またゆっくり訪れたいです(^^)

kyoto SL4
「梅小路蒸気機関車館」旧二条駅舎内






人気ブログランキングへ


↑興味をもってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑

[2016/08/24 00:41] | 4号車*乗り物 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ひとつの人生*『はしれきかんしゃ ちからあし』 | ホーム | 心に灯りをともす* 『明けない夜はないから』>>
コメント
こんなところがあったのですね〜!
昨年亡くなった父が鉄道マニアでした。先日遺品を片付けに実家に行ったのですが、鉄道関係の雑誌が何百冊も。。それに自作の鉄道模型が山のように出てきました。保存の仕方も贈答品の箱を利用してボール紙や角材で仕切りをつくり、きれいに並べていました。あんな大きな家を建てたのも、線路を部屋中に敷いて、汽車の模型を走らせるためだったのかも。。昔から、近所の子ども達に見せて喜ばれていました。仕事も鉄道車両関係をしていたこともあり、、父が行ったら喜んで解説したでしょうね。
この写真絵本も見てみたいです!
[2016/08/27 15:13] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
ゆめのゆきさん、コメントをいただいて胸が熱くなりました。
ゆめのゆきさんのお父様も鉄道好きな方でいらしたんですね。自作の鉄道模型!すごく素敵ですね!!汽車の模型を走らせるためにお家の間取りも考えられていたお話、愛がこもっていて幸せな気持ちになりました(*^^*)
ご近所の子ども達にも見せて喜ばれていたなんて、本当に優しくて心の広いお方だったんですね。

横浜にある「原鉄道模型博物館」にも行ってみたくて♪
http://hara-mrm.com/index.html

原信太郎さんが製作された世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係コレクションが展示されているそうです。ゆめのゆきさんは行かれたことありますか?
蒸気機関車のほか、日本・ヨーロッパ・アメリカを中心とした世界中の鉄道車両が忠実に再現されているとのことで、2012年7月に開館して以来ずっと気になっています。

私も子どもの頃、父と兄が鉄道模型に凝っていたことを思い出しました(^^)数年前に物置からたくさん出てきて懐かしく眺めていました。

スピードを追求する技術の発展も素晴らしいですが、やっぱり、車窓の景色を楽しみながらのんびり行く列車の旅に憧れます。甥っ子が鉄道に詳しく、水戸岡 鋭治(みとおか えいじ)さんのことを教えてもらい、京都丹後鉄道「あかまつ」「あおまつ」号に乗りに行ったりしていました。
http://trains.willer.co.jp/matsu/

私も旅先では、嬉しくなって「撮り鉄」になります(^^;)
全国各地に色々なデザインの個性豊かな列車がありますね。寝台車も乗ってみたいです。

戦争をくぐりぬけ懸命に生きてきたSL号の絵本『はしれきかんしゃ ちからあし』も気になっています。
・・・また長くなってしまいました(^^;)
今回も素敵なコメントを本当にありがとうございました。
[2016/08/28 09:03] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/148-485e223e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。