絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
絵本の中の楽しい音♪* 『こぶたのまーち』
絵本で表現される楽器の音って

とても愉快で、心が和みますね(^^)

子どもの頃、大好きだった

堀内誠一さん挿絵の絵本 『こぶたのまーち』♪


作:むらやまけいこ
絵:ほりうちせいいち
出版社:福音館書店(こどものとも)


こぶたの るー は厳しいお父さんのもとで

毎日、らっぱの稽古をしなければなりません。

「とて とて ぷっ ぷっ ぷっ」と

お父さんのラッパの音が鳴ったら・・・

るーは 何処にいてもすぐに飛んでいかないといけません。


お父さんの吹く『こぶたのまーち』は、

「てけ てけ ちった ちった

とって とって ぷっ ぷっ ぷっ

ぷー とって ぷー とって

ぷっ ぷっ ぷっ ぷっ ぷー」♪


るーもお父さんに言われてしぶしぶ

こぶたのまーちを吹きますが・・・

「て~~ て~~ すー

 て~~ て~~ すー」

ちっともいい音が出ません。


何度も「だめだ、だめだ」と叱られて、

るーは、とうとう家を飛び出してしまいます。

そしてお父さんのらっぱにもぐりこんで

らっぱが鳴らないようにしようとしますが、


お父さんが思いっきりらっぱを吹いたとたん

「ぷー!」と、原っぱを越え、森を越え、村を越えて・・・

いったい何処へと飛んでゆくのでしょうか!?


こちらは、1969年に出版された絵本ですが、

2005年に特製版が出ていて、懐かしくて

嬉しくなって、思わず手にしました。


堀内誠一さんと親交のあった長新太さんの

絵本デビュー作、『がんばれさるのさらんくん』の

トランペットの音も、レトロな雰囲気の表現が素敵です♪



関連記事:芸術としての漫画を子どもたちに届けたい『がんばれさるのさらんくん』



トランペットの音がうまく鳴らないときは、

「すか すか すすうー

 すか すか すすうー」


さらんくんが上手に吹けるようになったときは、

「とて とて たたた

 とて たたたー」♪


子どもって、繰り返しのフレーズや

楽しい擬音語が大好きですよね(*^^*)

くすくす ケラケラと 笑ってくれて

こちらまで楽しく幸せな気持ちに包まれる絵本です♪







人気ブログランキングへ


↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑

[2016/08/03 18:36] | 9号車*動物たち | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<心に灯りをともす* 『明けない夜はないから』 | ホーム | 芸術としての漫画を子どもたちに届けたい* 『がんばれさるのさらんくん』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/146-05b3a6e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR