絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
『あひるのジマイマのおはなし』&アヒルとガチョウの絵本♪
ちょっぴりドジでおっちょこちょいのアヒルのお話や、

”おばかさん”なんて呼ばれているガチョウの絵本♪

完璧じゃなくたって、ちょっと抜けてたっていいんだ〜と、

心が和んで、笑顔になれます(^^)

中でもお気に入りの絵本をいくつかご紹介したいと思います。



『あひるのジマイマのおはなし』
著者:ビアトリクス・ポター
訳:いしいももこ
出版社:福音館書店

ビアトリクス・ポターさんのシリーズ絵本24巻のうちの1冊♪



農場で暮らすあひるのジマイマは、

卵を上手くかえすことができないため、

いつも自分が産んだ卵を温めさせてもらえません・・・。

そこで、「こっそり別の場所で卵を産んで温めよう!」と考えます。


森へ出掛けたジマイマは、優しそうなキツネの紳士に出会い、

「卵を産む小屋も貸してあげるし、夕食にも招待してあげるよ」

なんて親切にされて、すっかり彼を信用してしまいます。


自分自身が、食べられそうになっていることにも気付かず・・・

自らアヒルの丸焼きの材料を持ってキツネのところへ向かいます。

ジマイマと卵の行く末はいったい・・・!?



ヒルトップ農場の動物たちが登場するこのお話。

ジマイマも 実際に飼われていたアヒルがモデルとなっていて、

そのアヒルも、いつも ジマイマのように 

卵を産む場所を探していたそうですよ(^^)

そして、卵をかえすのも下手だったので、

ニワトリに卵を抱かせていたこともあったんですって♪


こちらは別名、”ヒルトップ農場の詩”と呼ばれるほど、

農場の暮らしに深く根ざした内容となっていて、

お話に登場する美しい田園風景や建物は、

今も絵本が描かれた当時のままに保たれているそうです。


ビアトリクスさんが実際に飼っていた動物たちへの

深い愛情が感じられる作品です(^^)

*****************************************

こちらのシリーズも大好き♪

パンプキン農場に暮らすガチョウの『ペチューニア』シリーズ。


関連記事:ユーモアたっぷり♪ 『がちょうのペチューニア』
関連記事: 愛とユーモア* 『ペチューニアのクリスマス』



『ペチューニアのたからもの』
著者:ロジャー・デュボアザン
訳:乾 侑美子
出版社:童話館出版



いつも何かと騒動を巻き起こすけれど、

農場のみんなに愛されているガチョウのペチューニア。


ある日 川の底に、大きな箱が沈んでいるのを見つけます。

「これはきっと、金貨のいっぱい詰まった

宝の箱に違いないわ!!」

と思い込んだペチューニアは、農場の仲間たちに

「私、お金持ちになったの」、なんて誇らしげにふるまいます。


その日から、農場は大混乱!!

ペチューニアに何を買ってもらうか揉め事になって、

大喧嘩が始まり、ペチューニアも心配事が増えて

夢にうなされ、寝不足になってしまいます・・・。


はてさて、箱の中身はいったい何だったのでしょうか~(^^)

*****************************************

こちらは、ターシャ・テューダーさんの作品♪


『がちょうのアレキサンダー』
著者:ターシャ・テューダー
訳:ないとうりえこ
出版社:メディアファクトリー


とても良い香りのお花、ヘリオトロープ・パンジーに目がない

ガチョウのアレキサンダー。


奥さんが植えたばかりのヘリオトロープ・パンジーを

食べようとして、叱られてしまいます。


何をしていてもパンジーのことが頭からはなれない

アレキサンダーは、畑に忍び込んで、

レタスやキャベツを むしゃむしゃ、

そしてデザートにヘリオトロープ・パンジーを

食べようとしたところ・・・奥さんに見つかってしまいます!


このままでは羽をむしられて

ガチョウの丸焼きにされてしまう、と慌てふためいた

アレキサンダーの結末は・・・!?


こころやさしい奥さんと、懲りないアレキサンダーの姿に

思わずクスッと笑える絵本です(^^)

****************************************

日本の絵本ではこちらが大好き♪


『あひるのバーバちゃん』
作者:神沢利子
絵:山脇百合子
出版社:偕成者


ある日、街へ買い物に出かけたバーバちゃんは、

かごいっぱいに買い物をしすぎて

持ちきれなくなってしまいます。


ポケットのたくさんついた大きな水色の

リュックサックを買ってご機嫌なバーバちゃん♪


迷子になったひよこたちを おんぶしてあげて

お母さんを探しにいく途中、ひよこたちが

バーバちゃんの買ったものを食べてしまい・・・!?


とっても可愛らしくて幸せな気持ちに包まれる

素敵な絵本♪


アヒルやガチョウの絵本って

どうしてこんなにも心が和むのでしょうか(*^^*)

他にもご紹介したい絵本がありますが、

長くなってしまいそうですので、また追記にて♪


↑「私もこの絵本が大好き!」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑

[2016/05/20 21:36] | 9号車*動物たち | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『BORKA ボルカ』*心温まる ガチョウの物語 | ホーム | ビアトリクス・ポター* 生誕150周年 ピーターラビット展>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/136-e0ae9633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR