絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
絵本の原点*『ピーターラビットのおはなし』

出典:commons.wikimedia.org


レイチェル・カーソンさんが、幼い頃から

大好きだったというピーターラビットの物語。


ピーターラビットは世界で一番 有名なうさぎかもしれませんね♪

(あ・・・ミッフィーちゃんも有力候補かな!? ・× ・)


作者のビアトリクス・ポターさん(1866-1943)は

1893年、知人の幼い子どもが病気で寝ていることを知り、

彼を元気づけるために うさぎのピーターのお話を

手紙に描いて送りました。


当時、彼女がペットの中でも特に可愛がっていた

「ピーター・パイパー」 という名前の

うさぎがモデルとなったそうですよ^^


その後、何年にもわたって

その一家の子どもたちに送っていた
 
絵手紙をもとに1901年に自費出版され、

ピーターラビットの絵本が誕生します。


こちらは最初、白黒の絵本でしたが、

翌年1902年に 全編カラーの絵本の出版が叶い、

100年以上経った 今もなお

世界中の人々に愛され続けています。




絵本作家のターシャ・テューダーさんや、

ガブリエル・バンサンさんも、子どもの頃から

ピーターラビットの絵本が大好きだったそうですよ(*^^*)


美しい田園地方を舞台に、

うさぎやあひる、ねこやねずみ、りすやきつねなど

擬人化された動物たちがいきいきと描かれているこのシリーズは、

”絵本の原点”ともいえる作品なのではないでしょうか♪


『ピーターラビットのおはなし』
作・絵:ビアトリクス・ポター
訳:いしいももこ

peter-rabbit story


私も、ものごころつく頃からず~っと親しんできた 大好きな作品。

姉の部屋には、ピーターラビットの

旧刻印のWEDGWOOD (ウェッジウッド)の陶器が飾られていて。


母がおみやげに買ってきてくれた

ピーターラビットや、あひるのジマイマのぬいぐるみ、

そして全く読めない洋書絵本の数々も(^^;)、

動物たちや背景の絵がとにかく素敵で、

心に刻まれていて、姉妹たちの共有の宝物でした。


Peter-rabbit 6


この絵本の成功でイングランドの「湖水地方」と呼ばれる

緑豊かな郊外へ拠点を移した彼女は、

農場での生活、田舎の暮らしを愛し、

様々な苦難を乗り越え、創作に励みました。


「豊かな自然や 大切な文化を残したい」

自分が亡くなった後は、 所有する15の農場を含む

4300エーカーの広大な土地を全て

自然保護団体であるナショナルトラストに寄贈することを遺言し、

美しい景観が守られました。


彼女がいなければ、開発と共に

豊かな自然も失われていたのではないかと言われています。


絵本に描かれた世界が

現在もそのままに残っているという「湖水地方」。

いつか訪れたいです(^^)



↑「私もこの絵本が大好き!」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑




[2016/05/04 16:32] |   ビアトリクス・ポター | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<ビアトリクス・ポター* 生誕150周年 ピーターラビット展 | ホーム |  『センス・オブ・ワンダー』(追記)* かがくのとも『みずのたび』>>
コメント
こんばんは♪
ウィンダミアのニアソイリー村、行きましたよ!
たしか20代最後の年に。。^^;
本当に絵本のままの風景でした。
ポターさんの家には、あの2匹の悪いネズミが荒らしたドールハウスもありました。大きいです。
お隣の可愛いおうちは子供の頃ポターさんに会ったことがあるという可愛いおばあさんやっているティールームで、アフタヌーンティしました。懐かしいなぁ。。 
羊に追いかけられそうになって怖かったこともいい思い出です。いやほんとに怖かった。。みんなにらんでくるんですよ〜〜><;;間違えて草地に入って出られなくなっちゃって。。。そりゃ怒られますよね〜〜

何年か前にポターさんの人生が映画になりましたよね。とてもよかったですよね〜^^

私がいちばん面白いと思うお話は「ひげのサムエルのおはなし」です!
こねこのトムがでっかいネズミのサムエルに捕まって、猫巻き団子にされてしまいます!!なんという発想!!ゲラゲラ笑いすぎて涙がでてしまいました!ちょっと長いんですけどね。ほかにも面白いお話がいっぱいありますよね♪
[2016/05/04 22:00] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
ゆめのゆきさん、こんばんは!ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。
ニア・ソイリー村へ行かれたことがあるなんて♪ゆめのゆきさん、素敵すぎ!!です♪
ポターさんの家のドールハウスも見てみたいですし、アフタヌーンティーのお話や、羊に追いかけられたエピソードももっと詳しくお聞きしたいっっ♪♪

私は、湖水地方巡る旅の本や、ピーターラビットの本を図書館でたくさん借りてきて、旅行気分を味わっています(^^)英国はまだ一度も訪れたことがなく・・・ビクトリア&アルバート博物館も行ってみたいです。ウイリアム・モリスのテキスタイルも素敵ですよね。リバティプリントも大好きなのでLIBERTY社もぜひ行ってみたいなぁ、といつも夢見ています。

ポターさんの映画も良かったですよね~。久々にまた観たくなってきました。明日にでも借りてこようと思います!
「ひげのサムエルのおはなし」の猫巻き団子!もう、この名前を聞いただけでも笑えてきます!なんだかタコ糸に巻かれたチャーシューを彷彿させて(笑)読みたくなってきました♪
ポターさんの描く動物たちは人間味にあふれていて、とてもリアルで、子どものころはハラハラドキドキして、本当に怖くて、読み進められなかった場面もあります。
楽しいコメントをいただいて、かなり興奮しております~(笑)いつもありがとうございます♪
[2016/05/04 23:46] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
追伸です〜〜!今年の夏休み、渋谷の文化村ミュージアムでピーターラビットの原画展がありますよ♪ 
結衣さん、こられたらいいですね〜いかがでしょう?
よろしかったらご案内しますよ♪
若い頃、ピーターラビットとくまのプーさん(もちろんシェパードさんのです、一応)の原画展が日本橋のデパートだったかであったんですよね〜。
ビクトリア&アルバートミュージアムでもポターさんの絵を見ましたよ♪絵本では見たことのない絵だったので興奮しました♪^0^
ウィンダミアのニアソーリー村は、ロンドンからはかなり遠かったです。。。夜行列車で向かったのだったか、早朝に着いたのですが、石畳の上をスーツケースのガラガラいう音が大きくて、すごーく困りました><;;
イギリスの童話は子供の頃から大好きで、いつか行きたいという夢を持っていました♪ピーターラビットやプーだけじゃなく、アリスやピーターパン、パディンドン、大好きなメアリーポピンズ、妖精たちの国、ファンタジーの国。。ラファエル前派も大好きです。今ならハリーポッターもでしょうか。
2度目は高校生になった娘と行きましたよ。そのときはロンドン中心で、ウィンダミアまでは行けませんでしたが〜
[2016/05/05 01:14] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
この夏に、ピーターラビットの原画展があるんですね!知りませんでした!教えていただいて、感激です♪
夏休みは子どもの部活や園の行事などがあり・・・まだ先の予定が組めないのですが、秋頃に是非行けたらと思います。そして、ゆめのゆきさんに案内していただけるなんて~(^^)夢のようなお話です♪ご一緒できたら嬉しいです。(子連れでゆっくりお話できないかもしれませんが、よろしいでしょうか~)
次の記事で原画展のこと、紹介させてくださいね。色々とありがとうございます!!

シェパードさんの原画もまだ見たことがなく、いつか見てみたいです。
ゆめのゆきさん、ビクトリア&アルバートミュージアムでもポターさんの絵をご覧になられたなんて、素敵ですね。
ウィンダミアのニアソーリー村へは、ロンドンから夜行列車で行けるんですね!石畳も憧れます(*^^*)私も娘が大きくなったら、ヨーロッパの絵本の名所を巡る旅をするのが夢です。イギリスも見所いっぱいですよね。

うちは娘のほうが読書家なので(^^;)ハリーポッターも最近読み始めました。パディントンも大好きです♪イギリスの童話やアリス、メアリーポピンズなどなど、私は表面的なことしか知らないので色々と教えていただけたら嬉しいです。妖精たちの国、ファンタジーの国・・・ますます行きたくなってきました♪
今回もゆめのゆきさんのコメントにテンションがあがりました(笑)本当にありがとうございました。
[2016/05/06 17:09] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/134-388215f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR