絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
 『センス・オブ・ワンダー』(追記)* かがくのとも『みずのたび』
レイチェル・カーソンさん(1907-1964)が

命を懸けて、私たちに遺してくれたメッセージ、

『センス・オブ・ワンダー』。

何度も読み返しています。


姪の息子であるロジャー君と 海や森で過ごした日々。

晴れの日も 雨の日も

一緒に 大自然の中を探検し、

生命の躍動を

好奇心に満ちたまなざしで見つめた姿が

 詩情豊かな言葉で 綴られています。


美しいものを 美しいと感じる感覚、

新しいものや 未知のものに触れたときの感激、

思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情・・・


「知識」よりも「感じること」の方が大切であること、

子どもと一緒にワクワクしながら

分かち合う 「発見の喜び」


 私たちに思い出させてくれます。


たとえ 植物や生き物、宇宙の星々などの

学術的な名前を知らなくとも、

自然界は豊かな彩りにあふれていて、


子どもたちと一緒に空を見上げるだけで、

そこには夜明けや黄昏の美しさがあり、

流れる雲や、夜空にまたたく星が

心を潤してくれます。


著作者:Mikhail Kalugin


都会に住んでいたとしても、

風の音や鳥の声に耳をすませたり、

雨の日には、ひとしずくの水が

海から空、そして地上へと姿を変えていく 長い旅路に

思いをめぐらせることもできます。


この本を読んだ後に、一歩 家の外に出てみると、

普段は見すごしてしまいがちな光景が

たくさん目に入ってきます。


公園の片隅に 真珠みたいな雨のしずく(*^^*)


小さなお子さまに おすすめの

美しい写真絵本はこちら(^^)


月刊かがくのとも 『みずのたび』
作:今森光彦
出版社:福音館書店
(2012年8月1日発行) かがくのとも521号



森に雨が降り、雨の ひとしずくがあつまって川となり、

時には ゴーゴーと音をたて、

時には ぴんぴんと元気に跳ね、

さらさらと、ゆらゆらと水は流れていきます。


太陽の光をたっぷりと受けて、

魚たちが泳ぎ、子どもの笑い声が

きらめく水の上に響き、鳥の声がこだまし、

水はゆったりと大きな流れとなって進んでゆき、

やがておおきな湖へと繋がります。


姿かたちを変え、豊かな表情をみせてくれる水。

命を育む 水の神秘の旅が

今森光彦さんの美しい写真とともに

あたたかな言葉で綴られています。

 

**********************************

『センス・オブ・ワンダー』を翻訳された

上遠恵子(かみとおけいこ)さんのあとがきのお言葉も

強く心に残ります。


レイチェル・カーソンは、地球の素晴らしさは

生命の輝き
にあると信じていた。

地球はあらゆる生命が織りなすネットで覆われている。


その地球の美しさを感ずるのも、

探求するのも、守るのも、

そして破壊するのも人間なのである。」



著作者:NASA ESA


レイチェルさんの 説得力のある

メッセージをしっかりと受け止めつつ・・・

子どもたちに、自然や、生命の神秘を

どのように伝えたらよいか悩んだとき、

この本を繰り返し 手にしたいと思います。


改めて、多くの人に読んでいただきたいと感じる一冊です。

wonder r1



↑「私もこの本が大好き!」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


[2016/04/28 18:33] | 6号車*花・自然・野原 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<絵本の原点*『ピーターラビットのおはなし』 | ホーム | 『センス・オブ・ワンダー』*レイチェル・カーソン>>
コメント
レイチェル・カーソン、恥ずかしながら実はまだ読んでいないのです。。「センス・オブ・ワンダー」は読もうとしたことはあるのですが、、買わなかったのかな。。
結衣さんの記事を読んで、やはり読まなければ!と思いました!
[2016/05/05 01:19] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
ゆめのゆきさん、こんにちは。コメントいただき嬉しく思います。(^^)お返事が遅くなって、申し訳ございません・・・。

私も、レイチェル・カーソンさんの本は『センス・オブ・ワンダー』と、『沈黙の春』しか読んだ事がなく、海洋学者でもあり、作家でもあったということを知ってから、『われらをめぐる海』(1951年)なども読んでみたくなりました。翌年1952年にこの作品が映画化されていたそうで、アカデミー賞ドキュメンタリー部門を受賞していたそうです!でも現在は見ることができないとのこと・・・残念です。

2001年には、翻訳家の上遠恵子さんが『センス・オブ・ワンダー』の舞台となったアメリカのメイン州の森や海を訪れ、原作を朗読するドキュメンタリー映画が日本で製作されたそうで、こちらも今、探しています。

ブログを読んでいただき、「この本読んでみようかな」と思っていただけることが何より嬉しいです(^^)素敵なコメント、ありがとうございました。
[2016/05/06 14:41] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
GW中はおうちで過ごしましたが、昨日は久々に近所の書店に行って、気になる本をたくさんゲットしてきました〜♪この本も見つけたので買ってきましたよ♪きれいな本で、読むのが楽しみです〜!今までもきっかけはあったのですが、読むまでにはいたらなかったので、今回この機会を逃さずに読もうと思いました!ありがとうございました〜^^
ドキュメンタリーも見てみたいですね〜。私も探してみます!
[2016/05/06 17:18] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
こんばんは!早速お返事をいただき、ありがとうございます(^^)
『センス・オブ・ワンダー』ご購入されたんですね~♪嬉しいです!!文章も写真も素敵で、何度読んでも癒され、満たされます。私は、以前の(1999年刷の)カバー写真の違うタイプの本を読んだので、またこちらの本も改めて購入したいと思っています。

ドキュメンタリーも、ぜひ見てみたいですよね!2003年に公開された『ディープ・ブルー』という映画も映像が美しく、おすすめだそうです!私はまだ見たことがないのですが、イギリスとドイツで共同制作された海洋ドキュメンタリー映画で、制作に7年、撮影に訪れた場所は200ヶ所以上、撮影フィルムは7000時間にもなったそうです。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽も映像に躍動感を与えているとのこと♪子どもたちを なかなか海に連れて行ってあげられないので、せめて映像の世界で 神秘的な海の世界を 一緒に楽しみたいと思います。週末は、『ミス・ポター』と、この映画で決まり!です。

GWは、私も遠出はせずにひたすら断捨離&年末にできなかった大掃除(^^;)そして、昨年、仕事で心の余裕がなく、全く手をつけられなかった庭の手入れをして、たくさん種まきをしました。幸せの芽が出ますように♪
ゆめのゆきさんのコメント&ブログから良い刺激をたくさんいただいて、パワーが戻ってまいりました。感謝、感謝です。

[2016/05/06 22:49] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/133-3264e62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR