絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
ゆかいな旅立ちの絵本*『ペンギンくん、せかいをまわる』

『ペンギンくん、せかいをまわる』
著者:マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイ
訳:山下明生
出版社:岩波書店



ペンギンランドの全国放送、アイス局の

おはなし番組を担当しているペンギン君は、

おはなしのタネがすっかりなくなって困っています。


あるとき、お話のタネをさがしに行こう!と思い立ち、

仲間と家族がつくってくれたボートに乗って

旅に出ることにしました。


最初のうちは、な〜んにも起こらなくて、

退屈してしまうペンギン君ですが、

次々にハプニングが起こり、

楽しく愉快なお話が展開していきます。


大きな船の大砲からポーンと打ちあげられたり、

暑い、暑い 砂漠を歩くハメになったり、

飛行機の上からまっさかさまに海に落ちてしまったり・・・


でも、何が起ころうとも前向きなペンギン君♪

果たして 無事にペンギンランドに

お話のタネを持って帰れるのでしょうか(^^)

***************************


この絵本は、『ひとまねこざる』の作者である、

マーガレット・レイ(1906-1996年)さん、
ハンス・アウグスト・レイ(1898-1977年)さんご夫妻の

遺産の中から原稿が見つけられ、

2000年に出版されたものです。


第二次世界大戦の始まった1939年、

当時パリに暮らしていた二人は、

『フィフィのぼうけん』という題名で

とても知りたがりやの、かわいいこざるの物語を描き始めます。


※これが、のちにアメリカで出版される、『Curious George

ひとまねこざる(おさるのジョージ)の物語です。


その後フランスの南西部に逃れ、

 『ペンギンくん、せかいをまわる』の絵本も

同時に描き始めました。


1940年1月、パリに戻りますが、

戦時下では、出版も法律によって厳しく制限されていました・・・。


4月にはフランス北西部、ノルマンディー地方の町に移り、

”戦時中だから なおのこと、

子どもたちに 良い本や 歌 が必要”
と、

童謡の絵本なども創作します。


5月にまたパリへと戻りますが、戦況は 日に日に悪化・・・

6月にはドイツ軍がパリに侵攻し、

ユダヤ人である二人は亡命を余儀なくされます。


わずかな荷物と、『フィフィのぼうけん』他、数点の絵本原稿を抱え、

自分で組み立てた自転車に乗り、国境を超え、

ポルトガルからブラジルへ渡る船に乗り、

4ヶ月もかけて、アメリカ・ニューヨークにたどり着きます。

その翌年、『Curious George(邦題:ひとまねこざるときいろいぼう)し』

として 絵本の出版が叶います。


Curious George


↓ こちらの絵本には、 戦争時代にも 創造する心を忘れず、

夢と勇気を持って生きぬいた二人の

長い旅の道のりが詳しく描かれています。


『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』
文:ルイーズ・ボーデン
絵:アラン・ドラモンド
訳:福本友美子
出版社: 岩波書店





関連記事:絵本カフェ 「ペンネンネネム」



もしも戦争の混乱がなければ・・・『ペンギンくん、せかいをまわる』

の絵本は、もっと早くに世界中の子どもたちに

親しまれ、愛されていたことでしょうね。


素晴らしい絵本の原稿が守られ、遺されていたことも、

そして60年以上もの歳月を経て発見され、

出版が叶ったことも、全てが奇跡。


平和な世の中で、子どもたちが安心して

絵本に触れられる、そんな世界が広がっていきますように。

レイご夫妻の子どもたちへの愛が伝わってくる、

楽しくゆかいな絵本です。



↑「私もこの絵本が大好き!」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑






第十一候 桜始開(さくら はじめて ひらく)



春のやわらかな風に誘われて、

野山へと出かけたくなる季節。

桜の開花予想にも心が躍ります♪


大好きな緑地の桜並木。そろそろ見頃かな?と、

かれこれもう5回以上、下見に行ってます^^;


蕾もどんどん膨らんで、ちらほら咲き始めてる~♪

この春の色を、眺めていられるだけで幸せ。

「見頃まで、もうすぐ♪、もうすぐ♪」とワクワクします。


青空の下、みんなでお花見したり、

ライトアップされた夜桜の下を歩くのも素敵ですが、

夕暮れ時に、春霞の淡い空の色に

とけこむような この静かなひとときも、格別。



満開の桜を愛でた後に、

さくら吹雪の中を歩くのもまた、

幸せを感じる瞬間♪でもありますね。


桜が見頃になったら、

桜もちと、お花見団子と、和菓子をもって

子どもたちとお花見に行こっと。


春いちばんの豊かで 幸せな、幸せなひととき。

[2016/03/28 22:33] | 9号車*動物たち | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<春の色彩あふれる絵本*『おやゆびひめ』 | ホーム | 時空を超えて*『星の王子さまとめぐる 星ぼしの旅』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/129-a2f6a2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR