FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
大切なものは目にみえない* 絵本で読む『星の王子さま』
この絵本は 奥本大三郎さんが

「サン=テグジュペリの名作の魅力を

今の子どもたちに伝えたい」と、

『星の王子さま(Le Petit Prince)』の中から

特に大切なところを選び抜いて、

簡潔に書き直されたものです。


原作:サン=テグジュペリ
文:奥本大三郎
出版社:白泉社


子どもの頃、家の本棚にあった『星の王子さま』。

とても長い話だし、なんとなく難しそうだったので・・・

活字を追うが大の苦手だった私は

ほとんど絵だけを見て楽しんでいました。


20歳の頃に改めて読み返してみて、

その内容の深さに 心を打たれたことを思い出します。



『星の王子さま(Le Petit Prince)』を読んで

心に残るのは、いつもこの言葉です。



「心で見るんだよ。大切なものは 目にみえないんだ。」

On ne voit bien qu'avec le coeur.
L'essentiel est invisible pour les yeux.


王子さまにとってかけがえのない存在(友達)となったキツネが

別れを告げるときに、教えてくれた言葉です。

『星の王子さま』の物語には、

心の栄養となるような 素敵な言葉が

たくさん散りばめられていますね。


「ぼくときみの 心と心を結び合わせる

ひもを作るんだね。」


「おれたちはおたがいが大切になる。

きみはおれにとって、

この世でたった一人の人になるし、

おれはきみにとって、

この世でたった一匹のキツネになるんだ。」

(『星の王子さま』 奥本大三郎訳 本文より)


キツネは王子さまに大切なことをたくさん教えてくれます。


奥本大三郎さんが、

子どもの心にも届きやすいよう、

心地よいリズムの言葉で

大切に翻訳してくださっています。


子どもたちに向けられた「あとがき」のお言葉が、

強く印象に残ります。


”言葉を大切に、

いつまでも澄んだ目をもった人でいてください”



心ないひとことが、相手をひどく傷つけてしまうこともあれば、

たったひとことが、人生を変えてしまうほどの

勇気と 希望の光を与えてくれることもある・・・


大切な言葉との出会いも

一期一会。


今のこの瞬間も、二度と巡ってこない

たった一度きりのもの。

だからこそ後悔のないように

出会いも言葉も 大切に(*^^*)



 サン=テグジュペリさんの生涯が描かれた

ピーター・シスさん作の 美しい伝記絵本。

こちらもおすすめです♪



『飛行士と星の王子さま』
サン=テグジュペリの生涯

作・絵:ピーター・シス
訳:原田 勝
出版社:徳間書店



↑ 「私もこの作品が大好き!」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑



[2016/03/12 00:07] | 5号車*宇宙・星・月 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<時空を超えて*『星の王子さまとめぐる 星ぼしの旅』 | ホーム | 愛娘に贈られた、愛あふれる絵本*『たんじょうび』>>
コメント
星の王子様は永遠ですね〜。5年生のときに初めて読んでから20歳くらいまでは毎年読んでいました。
キツネのところでは号泣してしまいます。。あと、井戸のところかなぁ。。そしてラストシーン。。毎年違う発見がありましたね〜
もうずっと読んでいませんが。。

もうかなり前に実写映画がきて、とてもよかったですよ♪最近Amazonで見つけたのでポチっちゃいました♪
娘と箱根の「星の王子様ミュージアム」にいったこともあります。期待はしてなかったのですが、よくできていてびっくりでしたよ。

フランスからお芝居を呼んだときにも、ご縁があってお手伝いさせていただいたこともありました。玉三郎さんがいらしてたり。。俳優さんにお花を渡す役を仰せつかったり。。

多くの人が多分そうであるように、星の王子様にはたくさんの思い出があります。

そして、ピーター・シスがサン・テクスの絵本を描いていたとは知りませんでした!早速探してみますね♪ありがとうございます^^
[2016/03/15 22:46] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
ゆめのゆきさん、こんばんは!いつも素敵なコメントありがとうございます^^
本当に、星の王子様は永遠の名作ですね!私も毎回キツネの言葉にグッときてしまいます。ラストシーンも心が揺さぶられますね!読むたびに響くところが違うから不思議です。
星の王子様はたくさんの方が翻訳されていて、どれを読もうかいつも迷ってしまいます。(一度じっくり読みくらべしてみたいと思っています。)ゆめのゆきさんのおすすめがありましたら、ぜひ教えてください!!
以前のフランスフラン紙幣は、サン=テグジュペリと星の王子様でしたよね。(取っておけば良かったと今更ながら・・・)フランスの小学校では、今でも星の王子様がテキストとして使われていると紹介されていました。
ゆめのゆきさんは5年生の頃から毎年読まれていたんですね!私の娘にもすすめてみます♪

実写映画があったんですね。私は観たことがないのでAmazonでさがしてみます♪教えてくださってありがとうございます。
箱根の「星の王子様ミュージアム」はずっと行きたくて、旅行の際にすぐ目の前を通ったのですが、スケジュールの都合でどうしても行けず、涙を呑みました・・・。
フランスのお芝居も!素敵ですね。玉三郎さんにお会いできるなんて~^^憧れます。
ピーター・シスさんの絵本も、ぜひご覧になってくださいね。
それではまた、ゆめのゆきさんのブログも楽しみにしています。
[2016/03/16 00:47] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
結衣さん、こんばんは^^
あれから早速図書館に予約入れて、今日シスの絵本、借りてきました♪ ゆっくり読みます〜!
そして翻訳ですが、版権が切れてからどっと新訳がでましたよね〜。挿絵もほかの方が描いたり。。装丁がすてきなデザインのものもありますね。
でも、私は比較はしていません。。多分岩波書店の内藤 濯訳以外は読もうとは思わない感じです〜。イメージが決定しちゃってるんですね。あの語り口が。翻訳家でもある連れ合いに言わせれば、誤訳もあるらしいのですが。。
実写映画は、蛇をサミーデイヴィスJr.が演じているという記憶でしたが、なんとボブ・フォッシーでした!Amazonのレビューを見たら、更にすごいメンバーの作品だったと判明。。とにかく王子様が可愛いんですよね〜^^オススメですよ♪
[2016/03/16 22:04] URL | ゆめのゆき #- [ 編集 ]
ゆめのゆきさん、こんにちは。色々と詳しく教えてくださり、ありがとうございます!!
私も小さい頃家にあったのが、内藤 濯さんの『星の王子さま』でした。池澤夏樹さんのイメージも強くて・・・でもまだ読んだことはありません。なかなか冒険できないでいます(^^;)

ゆめのゆきさんの旦那様は翻訳家でいらっしゃるんですね。版権が切れたために 新訳がたくさん出てきたんですね。
挿絵もやっぱりサン=テグジュペリさんのものでないと読む気になれなくて・・・。
どの名作もやっぱり、一番最初のイメージが定着してしまうからなんでしょうか。現代的なタッチの絵やCG画像はやや苦手です・・・。くまのプーさんもE・H・シェパードさんの絵でないと、とか、つい頭がかたくなってしまいます(笑)

ピーター・シスさんの絵画は本当にすごいですよね!美しく独創的で、ちょっと怖さもあって、圧倒されます。
『三つの金の鍵 魔法のプラハ』は衝撃!でした。『星の使者 ガリレオ ガリレイ』が好きです☆

実写映画、Amazonのレビューも早速見させてもらいました。すごい方々の作品なんですね!早く観てみたいです♪(しっかりカートに入っております^^)
ゆめのゆきさんにブログを読んでいただけて、また素敵なコメントもいただけて、その度に嬉しくなります。いつもありがとうございます。
[2016/03/17 10:27] URL | 結衣 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/117-5d4c7f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。