絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
寒くなったら・・・* 『ふわふわふとん』
朝夕、ひんやりとした風が吹いて

秋の深まりを感じつつ…

冬の足音まで聞こえてきそうな気配!


子どもたちも毎朝 、「ふとんから出たくないよー」と

ふかふかの羽布団と 毛布にくるまっています。

(一番最後までふとんにもぐっているのは、この私です…。)


寒い季節が近づくと 読みたくなるのが、

『ふわふわふとん』


やなぎむらの 小さな可愛い虫たちの

ほのぼのとした温かな物語。


この絵本を読むと、心もほかほか温もって…

ますますお布団から出たくなくなってしまいます(笑)




『ふわふわふとん』
作:カズコ・G・ストーン
出版社:福音館書店


風が急に冷たくなったある日、

やなぎむらのみんなは 寒くて

朝早くに目が覚めてしまいます。


あたたかいおふとんを探しに

みんなで出掛けることになり


白くてふわふわの わたげがいっぱい詰まった

「ががいものたね」を見つけて、

よいしょ、よいしょ、とみんなで

力をあわせて 引っ張りますが・・・

たねは とても大きくて、運ぶのが大変!!


そのうち雪が降り出して、

小さな虫たちは雪にうもれて歩けなくなり、

凍えそうになって 泣き出してしまいます。


みんな、無事に やなぎむらに

帰り着くことができるのでしょうか・・・!?



困ったときには、必ず誰かが助けてくれる、

優しさと温もりに満ち溢れた幸せな物語。


ふわふわふわーんと、白いわたげが飛び散るシーンの

みんなの笑顔が最高です♪


寒い日に あたたか~い ふわふわふとんで

眠れるって 本当に幸せなことですね♪

虫たちの可愛い寝顔にも癒される

素敵な絵本です(*^^*)



↑「私もこの絵本が大好き」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑



[2015/10/08 20:11] | 6号車*花・自然・野原 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<黄昏時に ふと思うこと* | ホーム | 今年も♪BOOK MARK NAGOYA 2015>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ehonressha.blog.fc2.com/tb.php/100-9bc55ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること!

好きなことば・・・『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR