FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
空へ、そして宙へ☆ *『リンドバーグ』と『アームストロング』
小さなネズミが、空を飛ぶ!

待望の続編では、宇宙へまでも飛んで行く!

ワクワクする冒険物語(^^)

『リンドバーグ』『アームストロング』


 壮大な映画を観た後のような感動が押し寄せてくる、

大スペクタクル絵本です。



『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』


大きな港町に住む 知りたがりやのネズミは、

図書館に通っては、人間の書いた本を読みふけっていました。

あるとき、新しいネズミ捕りが発明され、

街にいたネズミの仲間が一匹もいなくなってしまいます。


仲間を探しにアメリカへ行こうと決意したネズミは、

海を渡るために 空を飛んでいこうと

飛行機の設計にとりかかりますが・・・!?



この絵本はたちまちベストセラーとなり、

現在、世界で27の言語に翻訳されています。

その後、絵本 『Moletown』 が出版され、

『アームストロング』 は3冊目の絵本になります。



『アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険』


街に住む小さなネズミは、毎晩

天体望遠鏡で星空を観察していました。


「月は太陽の光を反射して輝く 丸い岩だ」と説明しても、

仲間たちは「お月様はチーズだ」と信じ込んでいるため、

誰一人信じてくれません…。

そんなある日、スミソニアン博物館から招待状が届き…!?



作者のトーベン・クールマンさんは1982年ドイツ生まれ。

ドイツのハンブルク応用科学大学で

イラストレーション・デザインを学び、

2012年に大学の卒業制作として『リンドバーグ』を描きました。


絵本には大空や宇宙を目指した

人類の歴史と史実が織り込まれていますが、

絵本を描く前には歴史や事実をしっかりリサーチし、

リアリティを設定しておいて、その中で

ファンタジーを描くことを 一番大事にされているそうです。


例えばネズミの使う天体望遠鏡も

物語の舞台である1950年代にあったものを

調べて描かれているとのこと。


そして映画のワンシーンような構図は、

カメラマンがレンズを覗くように

頭の中で360度その場面を見渡して

自分が一番言いたいことが伝わる角度を見つけていくよう、

常に心掛けておられるそうです。


〈参考文献〉月刊MOE 2017年7月号
「トーベン・クールマンの創作の秘密」 インタビュー記事より




小さな生き物の視点で描かれる 臨場感あふれる世界、

作業部屋や設計図、色々な乗り物、美しい風景など

全ての描写が素晴らしく、

物語の世界にぐんぐん引き込まれていきます。


何度 失敗しても、

天敵や人間たちに狙われ 危険な目にあっても、

決して諦めない 小さなネズミ。

そのひたむきな姿に 心を動かされます。


私はこの絵本を読んで、そしてこちらの動画を見て、

航空の世界に 興味が広がりました。

アメリカユタバレー州立大学、

航空の歴史のアニメーション。

「Animated History Of Aviation 」





1490年 レオナルド・ダ・ビンチが鳥の羽ばたきを研究し描いた

「オーニソプター」の設計図

1783年 モンゴルフィエ兄弟が発明した「熱気球」

1896年 オットー・リリエンタールの「ハングライダー」飛行実験

1903年 ライト兄弟の「飛行機」よる有人動力飛行成功

1927年 チャールズ・リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行成功

などが紹介されています。


そして、1957年 旧ソ連によって人工衛星「スプートニク1号」が打ち上げられ、

1969年には「アポロ11号」が初めて人類を月面に到達させ、

宇宙への扉が開かれてゆきます。



↑ こちらは山本忠敬さんの素晴らしい作品、

『飛行機の歴史』

いつも図書館で借りていましたが、

やっぱり手元に置いておきたくなりました(^^)


人類が空を飛べるようになるなんて、

そして宇宙にまで行けるようになるなんて、

当時の人にとっては夢のまた夢…の事だったでしょうね。


これからの未来、乗り物はいったい

どのように進化していくのでしょうか(^^)

夢がさらに広がりますね!


トーベンさんは 現在、ねずみのシリーズ絵本3作目を

創作中とのこと♪ 完成が待ち遠しいですね。

子どもたちが豊かな想像力をはたらかせて、

大空へと羽ばたけますように。




↑ 

私もこの絵本が大好き!または、
読んでみようかなと思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります(^^)



*****************************************
hikokuki hakubutukan2
「Hans Grade Monoplane (ハンス・グラーデ単葉機)」
1910年(明治43年)12月、日本で最初に飛んだ飛行機の一つ。
<実機を忠実に模した複製機>
かかみがはら航空宇宙科学博物館にて撮影


岐阜県各務原市にある、

「かかみがはら航空宇宙科学博物館」

現在は一時閉館中ですが、


2018年3月24日に、日本を代表する航空宇宙専門の

「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」として

リニューアルオープンします。


先人の空・宇宙への憧れ、挑戦の物語を伝え、

子どもたちにチャレンジスピリットと感動を与える博物館

として生まれ変わります。


米国スミソニアン航空宇宙博物館やNASA等と連携し、

展示物の貸借、展示・企画手法、調査研究をはじめとした

国際交流、国際協力も進められるとのことです。



「Salmson2A-2 (サルムソン2A-2)」
1922年(大正11年)11月、各務原飛行場で初飛行に成功。
日本の航空機産業として初めて成功した機体。
<当時の資料を参考にボランティアグループが復元>


↑ こちらは、数年前に博物館で撮影した写真・・・懐かしい(^^)

屋内展示も屋外も、そして航空ショーの際には

屋上からも楽しめる博物館でしたが、

どんな風に生まれ変わるのか、

リニューアルオープンも楽しみです♪

スポンサーサイト
[2017/12/29 16:18] | 4号車*乗り物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
♪一緒に歌おう♪『Jingle Bells』&『ジングルベル』

『Jingle Bells』
リトルゴールデンブック*クラシック
a Little Golden Book CLASSIC

*。*・゜゜*:.。..。.:*☆ クリスマスシーズン ☆*:.。. .。.:*・゜゜*

街中に素敵な音楽が溢れていますね♪

子どもたちの心もうきうき弾む

楽しいメロディー、「ジングルベル♪」



物語と一緒に 歌も楽しめる洋書絵本、

♪ 『Jingle Bells』 ♪

『すてきなおうち』
の挿絵を描いた

J・P・ミラーさん(1913-2004)の

明るい色彩のイラストに、気持ちも華やぎます。


『すてきなおうち』

*****************************************

くまの家族がそりに乗って

楽しく歌いながら雪の上を走っていると、

うさぎやこねこ、こぶたやアライグマなどの

色々な動物たちがそりに乗ってきます。



みんなで「ジングルベル、ジングルベル♪」と

歌いながらそりをすべらせていると、

雪の上で困っているサンタクロースに呼び止められて・・・!?



この絵本は、本文の赤い文字だけを読んでいくと、

ジングルベルの歌詞 になっているんですよ♪


皆さまもぜひ 一緒に

英語の歌詞で 歌ってみてくださいね♪

(テンポの良いリズム♪ 1番は かろうじて歌えましたが
2番は、カミカミでした…(^^;)クリスマスまでには
スムーズに歌えるようになりたいな♪ )






リトルゴールデンブックは

紙質も、印刷の色味も 味わいがあって

ノスタルジックな雰囲気がお気に入りです。

表紙の見返しのイラストは年代ごとに違いがありますが、


 こちらは さりげなくクリスマスカラーになっているところが素敵(*^^*)


代表的な作品のキャラクターが描かれているのですが、

タイトルの分からないものがあり…

どなたかご存知でしたら、ぜひ教えてください♪

little goldenbook santa
左上より:

 車      → 『The Taxi that Hurried』1946年(タクシーは大急ぎ)
あひる  
汽車   → 『TOOTLE』(きかんしゃトゥートゥル)
あくびのくまちゃん→ 『Good Night,Little Bear』(おやすみ、こぐまちゃん)
小さいあひる  → 『Duck and His Friends』
こいぬ → 『The POKY LITTLE PUPPY』1942年(こいぬのポーキー)
こねこ → 『THE COLOR KITTENS』(いろいろこねこ)
うさぎ  → 『THE Lively Little Rabbit』1943年 
いぬ    → 『101Dalmatians』(101匹わんちゃん)・・・かな?
くま   → 『The Big Brown Bear』1944年
にわとり
ぞう  → 『THE SAGGY BAGGY ELEPHANT』1947年(だぶだぶぞうさん)


関連記事:溢れる色彩*『いろいろこねこ』



この絵本は1964年にアメリカで出版されたものですが、

2017年10月に”おひざにおいで”シリーズの第3弾として

日本語でも出版されました!



『ジングルベル』

”おひざにおいで”シリーズは、

翻訳家でもあり、家庭文庫を主宰する こみやゆう さんが

子どもたちに自信を持って薦められる良書絵本を集めたものです。


シリーズコンセプトが素敵です

*****************************************
~この本を読んでくださるおとなの方へ~

絵本を子どもと楽しむということは、
その子の心に「よろこびの種」を蒔くということです。
種は、いずれ木となり、実をむすびます。

その子が大きくなった時、
心にたくさんの実があれば、
時に他人に分けあたえ、
時に自らを励ますことができるでしょう。

そして、その実の種には、
どれも読んでくれた「あなた」が宿っています。
子どもと絵本を楽しむこと、それは、
あなたがその子の心に生きつづける
ということでもあるのです。

きょうもあなたのひざの上で、
ひとつでも多くの「よろこびの種」
蒔かれますように。

「ほら、おひざにおいで」

*****************************************

12月20日には 第4弾として、同じくリトルゴールデンブックの

『THE LITTLE RED Caboose』

日本語版が出版されます♪

大好きな絵本だったので、嬉しい!!


『THE LITTLE RED Caboose』


『がんばれ!あかい しゃしょうしゃ』

素晴らしい絵本がこうして

ずっと大切に読み継がれていくことが

なにより嬉しいことですね。

”おひざにおいで”シリーズ、これからも楽しみです♪


 
↑ 

私もこの絵本が大好き!または、
読んでみようかなと思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります(^^)


*****************************************


大阪・江坂にある絵本のお店、

「クレヨンハウス」大阪店。

1階はオーガニックフードマーケット、

2階は子どもの本とおもちゃの専門店になっています。

クリスマスの素敵な飾りつけがされていました☆



2階にのぼる階段には・・・サンタクロースが(^^)♪

kureyouhausu santa

昔から大好きなお店(*^^*) 隣には江坂公園もあって

たくさんの親子連れの憩いの場となっています。


これまで数え切れないくらい通っていますが、

何度行っても新しい絵本との出会いが待っていて♪


表参道にある東京店も、大のお気に入り♪

一度入ったら、何時間も出てこられません!(笑)

またゆっくり行きたいなぁ!


皆さまもどうぞ素敵なクリスマスをお迎えください☆


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2017/12/16 22:18] | 12号車*クリスマスの絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Alain Gree* アシール君とベルガモットちゃんの楽しい学習絵本♪
アラン・グレさんの絵本シリーズの中で大好きなのが、

「アシールとベルガモット」シリーズ♪
出典:アラン・グレ ホームページ
『la mer』(海)1963年


1963年から1980年代にかけて

CASTERMAN(カステルマン)社から

全25タイトル刊行されました。


記念すべき1冊目は、

アラン・グレさんが愛する「海」がテーマとなっています。


仲良しの兄妹、アシール君とベルガモットちゃんが

海や山、川などの自然、

乗り物やテクノロジーなどについて

専門的なことも 楽しく分かりやすく教えてくれる学習絵本(^^)

alaingree laforet
『la foret』(森)1964年



アラン・グレ ホームページから、全25タイトルの

素敵な表紙をご覧いただけます



大人も楽しめる洗練されたデザイン、

フランス語が分からなくたって、

なんだか分かったような気持ちになれてしまう!(笑)

レイアウトも本当に素敵です♪♪


子どもの頃、これが教科書だったら・・・

夢中になって勉強しただろうな!


alaingree la montagne
『la montagne』(山)1964年


アラン・グレさんが企画を提案した1950年代当初、

フランスには子どものための

" 楽しく学べる絵本 " が無かったそうです。


当時は学校が厳しい時代でしたが、

「GAI-SAVOIR(ゲ・サヴォワール)」という

子どもたちに楽しく学ばせよう という運動が活発になり、


自然や科学の難しいテーマについて

アラン・グレさん自らが 好奇心を持って

徹底的に調べ、学び、

構成も企画も全て一人でこなされたそうです!


物語をきっかけに子どもたちに興味を持ってもらい、

楽しく学んでほしいという思いが

いつも本のベースにあったとのこと(^^)


現在は子ども向けの教材も、

あらゆる情報も 溢れるほどあって、

インターネットで検索すれば 調べ物も簡単にできて、

とてもありがたい事ですが・・・


やっぱり絵本の持つぬくもりは

何物にも代えがたいですね。


alaingree en route
『en route』(道)1963年


何年経っても色あせることの無い、

子どもたちへの想いのこもった素晴らしい作品の数々。

アラン・グレさんの卓越したセンスに

魅了されっぱなしです(*^^*)


こんなにも素敵な絵本なのに

現在は手に入らないなんて、

本当に残念でたまりません!

少しずつコレクションしていきたいです♪


alaingree lespace
『l'espace』(宇宙)1972年


***********************************************
<参考文献>『アラン・グレのデザイン』他

『MOE』、『みずゑ』、『POOKA』アラン・グレ特集記事より。
バックナンバーの貴重な資料を送ってくださった
のりこ様に心より感謝申し上げます(*^^*)
************************************************





↑ 
興味を持ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります(^^)


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゜・*。*・゜゜・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゜・*





毎年この時期に見られる ふたご座流星群
☆☆*:.。. ☆ .。.:*☆

空が晴れていれば12月13日と14日の夜、

たくさんの流れ星を見ることができるかもしれません(^^)


冬の空は透明度が高く、

一年のうちで星々が最も美しく見えるといわれています。


寒波の到来で、寒さも一段と厳しくなってきましたが、

冬の星座は明るい星が多く、

夜空を見上げるのが楽しみ☆


流れ星を見られると、ますます幸せな気持ちになりますね。

星降る夜☆たくさんの幸せが降り注ぎますように。

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゜・*

[2017/12/13 23:41] | 13号車*海外の絵本・洋書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
フランスの色*『アラン・グレのデザイン』(追記)
フランスの色*『アラン・グレのデザイン』(追記)



見る人みんなを笑顔にしてくれる、

アラン・グレさんのイラスト集。

帯のイラストも素敵です♪

alaingree obi

222ページもある豪華版~♪

スケッチや挿絵、絵本版下などもたくさん 載っていて、

ページをめくるたびに幸せいっぱいになります(*^^*)

表紙のカバーをはずすと・・・

遊び絵本のラフスケッチが登場します♪

alaingree kaba

可愛らしさ、親しみやすさ、遊び心、

豊かな想像力、夢と愛に溢れた作品たち・・・

その魅力は数え上げればキリがありませんが、

なんといっても温かみのある色使いが大好きです☆


「何色」と単純には特定できない、微妙なトーンの色使い。

鮮やかだけど優しい、

楽しく明るい気持ちにさせてくれる、絶妙な配色♪♪



アラン・グレさんは、いつも色のハーモニーを意識されていて、

例えば青だったら、薄い青と濃い青というように同じトーンで統一し、

その中に敢えてショッキングな色は使わないそうです。


色のハーモニーを大事にするために

そのニュアンスや濃度をどうするかということを常に考え、

隣り合った色がリエゾン*するように描く・・・


青、グレー、青というように

青色と青色をつなぐ色にも気を配り、

背景は重くならないように

空でも木でも、筆の跡を残すように描き、

動きを加えているそうです(^^)


(*リエゾン Liaison : とは、フランス語で
単独で読む場合には発音しない語末の子音字を、
後続語の語頭の母音とつなげて発音すること。
les amis は、「レ・アミ」ではなく「レザミ」と発音されます。)
※本文コラム 「色について On color」 より

 こちらは、パズルの可愛いイラスト♪
araingree wintersnow





「青」とひと言でいっても、たくさんの「青」が存在しますよね。

日本の伝統色にも感性豊かな色名がつけられていますが、

↓ こちらの本を読んでフランスにもまた

素敵な色名があることを知り嬉しくなりました♪

『フランスの色 Couleurs de la France』




アラン・グレさんの好きな色は、「青」だそうですよ(^^)

「海の青と、モニークの目の色の青が好きです。」 とのこと♪

素敵ですね~♪ こんな言葉、一度でいいから言われてみたい(笑)


アラン・グレさんのヴィンテージ絵本は

現在は なかなか手に入らなくて、本当に残念ですが、

イギリスの
Button Booksから

とても素敵な英語版の絵本がたくさん出版されています♪



注文していた本が 我が家に届き、

一足先に自分へのクリスマスプレゼント~(*^^*)☆

表紙カバーの裏面にも可愛いイラストが載っていて嬉しくなります♪


画像:Button Books ホームページより


街はクリスマスのイルミネーションが美しいですね。
*・゜゚・*:.。..。.:*'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
北の国はもう、真っ白な冬景色でしょうか。

Pinterestでとっても可愛い

アラン・グレさんのイラストを見つけました╰(*´︶`*)╯♡

alaingree santa
画像:Pinterestより

本当に素敵な配色~♪ どの色からも元気をもらえます。

原画もぜひぜひ見てみたいです♪

原画展、日本で開催されると良いなあ!!!!!




↑ 共感してくださった方、
クリックしていただけると励みになります(^^)

[2017/12/03 18:55] | 13号車*海外の絵本・洋書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR