FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
マカロンのようなやさしい色*フランソワーズの絵本♪
今日は木枯らしが吹いて、

子どもたちの手も冷え冷え・・・

こんな寒〜い日は、早めに家に帰って

大好きな絵本を開いて、

温か~いお茶とスイーツで、気持ちもぬくぬく(*^^*)

__makaron 1

フランスの絵本作家、

フランソワーズ・セニョーボさんの

描く作品は、どれもやさしい色使いで、


パティスリーに並ぶ色とりどりの 「マカロン」や、

淡い色の「アイシングクッキー」のような、

温もりあふれる配色♪

絵を眺めているだけで、

ほのぼのとした幸せな気持ちに包まれます。



フランソワーズさんは、1897年 フランス生まれ。

幼い頃から、絵をかくことが好きで、

美術学校で学び、パリで 子どもの本の

編集の仕事をした後、アメリカへ渡ります。


当時のアメリカは<絵本の黄金期>と呼ばれる時代。

彼女の代表作、『まりー ちゃんとひつじ』は

1956年に 日本で翻訳・紹介され、

今も大切に読み継がれています。

関連記事* 羊の絵本2♪フランソワーズのぱたぽん(*^^*)
http://ehonressha.blog.fc2.com/blog-entry-56.html



次々に絵本を刊行し、多忙な生活になってからも

夏は 南フランスの農場で過ごし、

 「まりーちゃん」のような素朴な田舎の暮らしを

楽しんでおられたそうです。


作品全体にながれる ゆったりとしたリズム、

牧歌的で素朴な雰囲気、

身近な動物たちや草花への愛情あふれる

フランソワーズさんの世界・・・

本当に、どこを切り取っても 素敵で憧れます♪



いつも守って、支えてくれる

身の回りの自然や生きものたちに、感謝の気持ちを伝える 

『ありがとうのえほん』

france 1

作:フランソワーズ
訳:なかがわちひろ
出版社:偕成者



好きなものがたくさんあることの幸せや、

うれしい気持ちが伝わってくる

『わたしのすきなもの』
france 2
作:フランソワーズ
訳:なかがわちひろ
出版社:偕成者


子どもたちに優しく語りかけてくれる

夢あふれる絵本、

『おおきくなったら なにになる?』

france 3

作:フランソワーズ
訳:なかがわちひろ
出版社:偕成者


それぞれの絵本に まりーちゃんや

ひつじのぱたぽん(!?)が少〜し登場する場面もあったり、

サンタクロースが現れたり・・・☆

クリスマスの贈りものにしたくなる おすすめ絵本です。



一段と寒さが増してきて、

日が落ちる時刻も早くなり、

夕暮れ時にはちょっと切ない気持ちになることもあるけれど・・・

フランソワーズさんの絵本を開くと

身の回りにある、たくさんの ”あたりまえ”の幸せに

感謝の気持ちがあふれてきて、


そして、好きなものがいっぱいあることって

本当に素晴らしいことなんだと気付かせてもらえて、

夢と希望があふれてきます。


心を ”大好きなもの” と ”感謝” でいっぱいに満たして、

笑顔で、日々を大切に過ごしていきたいな。


↑「私もこの絵本が大好き!」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑




スポンサーサイト
[2015/10/31 23:16] | 2号車*女の子と男の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |
*重陽の節句* 菊を愛でて 栗ご飯♪
秋晴れの日が続いて、

気持ちも晴れやかに(^^)



2015年10月21日は、

旧暦 の9月9日  *重陽の節句*

五節句を締めくくる大切な行事。


古来より、奇数は「陽」の数とされ、

中でも ”陽の極まる”「9」が重なるこの日は

とてもおめでたい日とされていました。


人々はこの日、菊の花を愛で、

菊の香りをうつした「菊酒」を飲んだり、

「菊湯」に入ったり、「菊枕」で眠るなどして、

邪気を祓い、不老長寿や繁栄を願ったそうです。


旧暦の9月9日は、

新暦(現在のカレンダー)の10月中頃にあたり、

まさに菊の美しい季節♪

旧暦でお祝いすると、季節感もぴったり合いますね!


秋の収穫の時期とも重なるこの日に、

栗ご飯を炊いて 収穫を祝う習慣もあり、

「栗の節供」と呼ぶこともあるそうです。


今まであまり馴染みのなかった節句でしたが、

今年は、菊の花を飾り、栗ご飯を炊いて

ほんの少しお酒をいただいて、お祝いしました(*^^*)

子どもたちの大好きな、栗きんとんも ♪


街はハロウィン一色、

かぼちゃも もちろん大好きだけど♪

こんな風に 和の行事も大切にしたいな。


 
↑共感してくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑





節目、節目に参拝する

大好きな神社へ、

感謝のお参り。

日の光と 空気が清々しい参道。




七五三の衣装を身に纏った

子どもたちがちらほら…

みんなとても可愛くて、凛々しくて、

幸せな気持ちになりました。


いつもは一人心静かにお参りしますが、

今回は、底抜けに明るい心友と

道中笑いっぱなし~。

心晴れ晴れ、楽しい参拝となりました。


私が今日まで 楽しく過ごしてこられたのも、

たくさんの友達の支えがあったから(*^^*)


生まれ育ったところを離れて、15年・・・

引越しも多く、大変なときもありましたが、

行く先々で、素敵なご縁があって、

友達には本当に恵まれて、

感謝の気持ちでいっぱいです。

***みんな本当にありがとう***


[2015/10/21 22:11] | 16号車*季節の行事・節句 | トラックバック(0) | コメント(2) |
黄昏時に ふと思うこと*


今日は綺麗な夕日が見たくなって

子どもたちと家の近くの公園へ。


ゆったりとした川の流れと

せせらぎの音と、虫の音と、

心地よく吹き抜けていく川風~~

沈む夕日を 心ゆくまで堪能することができました(*^^*)


『空の絵本』を読んで気付いたのは、

夕焼け前の空は一瞬

金色になるということ!


時間に追われがちな日常から

ほんの少し意識を自然に向けるだけで、

ゆっくりとした、静かな、豊かな「トキ」を

過ごすことができるんですね。


この秋は、なんだか色んなことが

ドドーンと押し寄せてきて、

もう立ち上がれないかと思ったこともありましたが、

(実際、腰も痛めたし ̄▽ ̄;)



そんなときには やっぱり

大好きな絵本と、

子どもたちの笑顔と、

友達の温か〜い言葉と、

自然の美しい景色が 心を癒してくれます。



帰り道、小さな 小さな手がキュッと

握りかえしてくれたとき、

「こんなふうに手をつないで歩けるのも、

あとどのくらいかなぁ」と、ふと思う・・・


子どもたちはきっと、

あっという間に巣立っていって

こんなささやかな日常のひとコマが、

懐かしくて、愛おしくてたまらなくなるんだろうなぁ・・・。


「これ読んでっ!!」って

絵本を (大量に^^;)持ってきてくれるのも

あとわずか!?かもしれない!

「今日は疲れてるから後でーー」と言ってしまいがちだけど・・・

しっかり、たっぷり読んであげよっと。


 
↑共感してくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


関連記事:お月見の夜に* 2 『空の絵本』



『空の絵本』
作:長田弘
絵:荒井良二
出版社:講談社

[2015/10/19 23:11] | *絵本への想い | トラックバック(0) | コメント(0) |
寒くなったら・・・* 『ふわふわふとん』
朝夕、ひんやりとした風が吹いて

秋の深まりを感じつつ…

冬の足音まで聞こえてきそうな気配!


子どもたちも毎朝 、「ふとんから出たくないよー」と

ふかふかの羽布団と 毛布にくるまっています。

(一番最後までふとんにもぐっているのは、この私です…。)


寒い季節が近づくと 読みたくなるのが、

『ふわふわふとん』


やなぎむらの 小さな可愛い虫たちの

ほのぼのとした温かな物語。


この絵本を読むと、心もほかほか温もって…

ますますお布団から出たくなくなってしまいます(笑)




『ふわふわふとん』
作:カズコ・G・ストーン
出版社:福音館書店


風が急に冷たくなったある日、

やなぎむらのみんなは 寒くて

朝早くに目が覚めてしまいます。


あたたかいおふとんを探しに

みんなで出掛けることになり


白くてふわふわの わたげがいっぱい詰まった

「ががいものたね」を見つけて、

よいしょ、よいしょ、とみんなで

力をあわせて 引っ張りますが・・・

たねは とても大きくて、運ぶのが大変!!


そのうち雪が降り出して、

小さな虫たちは雪にうもれて歩けなくなり、

凍えそうになって 泣き出してしまいます。


みんな、無事に やなぎむらに

帰り着くことができるのでしょうか・・・!?



困ったときには、必ず誰かが助けてくれる、

優しさと温もりに満ち溢れた幸せな物語。


ふわふわふわーんと、白いわたげが飛び散るシーンの

みんなの笑顔が最高です♪


寒い日に あたたか~い ふわふわふとんで

眠れるって 本当に幸せなことですね♪

虫たちの可愛い寝顔にも癒される

素敵な絵本です(*^^*)



↑「私もこの絵本が大好き」、または
「読んでみようかな」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑



[2015/10/08 20:11] | 6号車*花・自然・野原 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今年も♪BOOK MARK NAGOYA 2015
朝の空気がとても心地よくて、

子どもと一緒に 早朝の公園へ。


空が高い~!! いわし雲だ!・・・あ、うろこ雲かな?

やっぱり、ひつじ雲かな?(*^^*)

金木犀の香りに包まれて、私は うとうと・・・。


sora 1


今年もこの季節がやってきました!
 
楽しみにしていたイベント♪

BOOK MARK NAGOYA 2015
2015年10月10日~11月1日

「本と本屋の魅力を再発見する」ブックイベント




名古屋の書店、雑貨屋、カフェなどで

本にまつわる様々な企画やフェアが催されます♪


行ってみたいお店がたくさん(*^^*)

参加店は
こちらをご覧くださいね。


チェコの絵本と紙モノ展や、

思い出の絵本、handmadeのものが展示されたり、

原画展があったり・・・

どれも魅力いっぱいでワクワク♪

全部 行けるかなあ!(過密スケジュールだーーー!!)


いつもKYOTOの街ばかり 散策したくなって・・・

NAGOYAの街のこと、まだよく知らないので、

このイベントを機に、少しずつ開拓していきたいなぁ♪



↑興味をもってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


[2015/10/03 23:22] | *原画展&イベント&講演会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR