FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
~絵本のぬくもり、不思議なちから~
~絵本のぬくもり、不思議なちから~


絵本の世界は、愛に溢れていて、

絵本には 不思議なちからがあって、

お母さんと子どもの間に  絵本があるのは

なんて素敵な光景だろうと思います。


大人になってから、思い出すのは きっと、

大好きな人に読んでもらった時の

温かく包まれるような 声の響きと、

心地よい ひざの上のぬくもり。


私自身、両親が共働きだったこともあり、

ゆっくりと 絵本を読んでもらった記憶はなかったけれど…

昔懐かしい絵本に出会ったときに

遠い記憶がよみがえってきました。


一冊 一冊、真剣に選んでくれた たくさんの絵本。

実家の本棚に並んでいたのは、

現在も 多くの人に愛され、長く読み継がれている

本当に 質の良い、”本物の”絵本ばかりでした。


両親の愛情を 改めて感じることができ、

幸せな気持ちに満たされました。


たとえ一緒に過ごせる時間が少なかったとしても、

絵本は 「心の財産」として、「温かい記憶」として、

子どもの心の奥深くに残るものだと

改めて実感できます。


自分が、子どもに絵本を読んであげる立場になって気付いたのは、

『私は、両親からも、絵本からも、

そしてなにより子どもたちからも

たくさんの愛を届けてもらっていた』

ということ。





ずっと満たされなかったり、自信がなかったりしていたけれど…。

大切な”気付き”を与えてくれる絵本の不思議なちからに

何年経っても、魅了され続けています。


 
↑共感してくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/28 12:36] | *絵本への想い | トラックバック(0) | コメント(0) |
じぇおぽりすの街を一巡り♪『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』
『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』
はたらきもののじょせつしゃけいてぃー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)はたらきもののじょせつしゃけいてぃー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1978/03/20)
ばーじにあ・りー・ばーとん




「けいてぃー」は、キャタピラのついた赤い立派なトラクター!

「じぇおぽりす」という街で働いています。

夏の間は、道路を直し、

冬がくると、道路の雪をかたづけます。


ある大雪の日、「じぇおぽりす」の街は、

まっ白な 雪の毛布におおわれてしまいます。

いよいよ、はたらきものの、「けいてぃー」の出番です!!



…もう、何十回読んだか、数え切れないこの作品。

何度読んでも、新しい発見があって、飽きることがありません。


子どもたちも、「けいてぃー」になりきって、

「じぇおぽりす」の街を、「ちゃっ!ちゃっ!ちゃっ!」と

力強く、雪かきして進んでいきます。


けいさつしょ、ゆうびんきょく、びょういん、しょうぼうしょ、ひこうじょう・・・

絵本を読み終える頃には、「じぇおぽりす」の街をひと巡り^^


作者、バージニア・リー・バートンさんの絵は、

すみからすみまで、細部までこだわった、

躍動感のある楽しい描写で、

街も、乗り物も、いきいきと表情豊か。


子どもたちは、「けいてぃーは、機械だけど、


生きてるんだよっっ!」と得意顔!


子どもたちを楽しませるために、

考え、考えぬかれた構成。

深い愛情を込めて、丹念に描かれた、

アート作品のような数々の絵。


このような素晴らしい作品を、

日常のひとときに読んであげられるなんて、

この上ない幸せ(*^^*)です。



 
↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/21 20:44] | 4号車*乗り物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
かわいくてユーモラス♪『サラダとまほうのおみせ』 (追記)
『サラダとまほうのおみせ』 (追記)


サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
(1997/08/15)
カズコ・G.ストーン



この「やなぎむら」シリーズは、

虫が大の苦手だった私が、

生まれて初めて

「虫ってかわいい~!」と思えた、衝撃の絵本!(笑)


それまで、虫をこわがっていた子どもたちも、

この絵本に登場する虫たちが大好きに!


絵本を通して、全ての生命を慈しむ心が芽生えるのでは!?

(*^^*)


全ての生き物に、大切な役割があって

無駄なものは何ひとつない。

大いなる循環のなかに存在している大切な いのち。



作者のカズコ・G・ストーンさんは、現在ニューヨーク在住。

小さい頃から植物や昆虫が大好きで、

中学生くらいまで、土手で昆虫採集をしていたそうです。


昆虫は「ハートで覚えている」とのこと!



そして日本の風にそよぐ柳を描きたいと

「やなぎむら」の物語を思いついたそうです。

(福音館書店・作者インタビューより)


子どもの目線を大切に、

ほぼ実物大で描かれた、小さな 小さな生き物たち。

どんどん親しみがわいてきて、


草むらや、木の上や、池の中に

本当にこんな日常が繰り広げられていそうで

絵本の世界にひきこまれていきます。


ちなみに、このお話に登場するモナック蝶だけは、

日本にいないアメリカの蝶だとか。

日本の紋白蝶くらい、ポピュラーな蝶なんですって♪


3月16日は、二十四節気 啓蟄

七十二候 第九候「紋白蝶、舞い始める」

春はすぐそこ♪ですね。


↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


*****************************************

カズコ・G・ストーンさんが、

『おやすみなさいおつきさま』(マーガレット・ワイズ・ブラウン作)の

絵本を 3歳の娘さんに読んであげていたとき。


大人が目にとめないような

小さなものを見つけていく様子を見て、

昆虫は敢えて拡大せずに、小さいものは小さく、

ほぼ実物大で描こうと思ったそうですよ。

おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1979/09)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/18 23:47] | 6号車*花・自然・野原 | トラックバック(0) | コメント(2) |
かわいくてユーモラス♪『サラダとまほうのおみせ』
『サラダとまほうのおみせ』

サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
(1997/08/15)
カズコ・G.ストーン



ある日、やなぎむらに、いもむしのモナックさんがやって来て、

素敵なサラダのお店をひらきます。


けれども、しばらくたって、お店はすぐに閉店に!

心配した虫たちがかけつけると・・・!?!?


「やなぎむら」の小さなかわいいい虫たちが繰りひろげる、

ほのぼのとした楽しい物語。


ユーモラスな虫たちの名前に、心が和みます♪


チョッキリさん、トビハネさん、セカセカさんに、キララさん・・・

子どもたちは、次々に登場するゆかいな虫たちの

名前を呼ぶたび、ニッコリ(^v^)



作者、カズコ・G・ストーンさんの

小さな生きものに対する、

愛情たっぷりのまなざしに大人も癒されます。


小さな仲間どうしの助け合いや、ハプニングなどが

とてもかわいらしく、描かれていて、

平和で温かい気持ちに包まれます。


食べものを囲むみんなの笑顔にも

また癒される、魅力いっぱいのおすすめ絵本です♪




 
↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/17 22:54] | 6号車*花・自然・野原 | トラックバック(0) | コメント(0) |
日常の安らぎ*『パンやのくまさん』
『パンやのくまさん』

パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)
(1987/05/30)
フィービ ウォージントン、セルビ ウォージントン 他

商品詳細を見る



子どもが小さかった頃、

よく通っていたパン屋さんで出会った一冊(*^^*)



一日のはじまり。

朝一番、くまさんのおこした、かまどの火に

こちらの顔も、だんだん熱くなってくるような気がします。



ほかほかに焼きあがったパンやパイ、タルト。

お店に並べられた、色とりどりのスイーツに、

思わず うっとり♪


くまさんはとても礼儀正しくて、近所のひとたちも

くまさんのお店が大好き!

いつもたくさんのお客さんがやってきます。


忙しい一日が 無事に終わったら

暖炉のそばで、マフィンをあぶって、晩ごはん。


暖炉の火が、とてもあたたかく感じられ、

こちらの気持ちも、ほっこりぬくもります。


そして、くまさんは また明日の朝、

早く起きられるようにと めざまし時計をかけ、

小さなベッドで、ねむります。



丁寧にくり返される、日々の仕事と、

日常の安らぎ。


静かな心地よさに 包まれる絵本です。





↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑



テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/15 11:30] | 9号車*動物たち | トラックバック(0) | コメント(0) |
愛しのパリ*2 *『げんきなマドレーヌ』 (追記)
『げんきなマドレーヌ』 (追記)


マドレーヌの絵本の魅力は語り尽くせないほど!

私にとって大切な絵本です。


1939年げんきなマドレーヌ』に続き、

1953年マドレーヌといぬ』(コルデット賞 受賞) 、

1956年マドレーヌといたずらっこ』など 、

長い年月を経て、素敵なシリーズ絵本が出版されてゆきました。

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1972/11/10)
ルドウィッヒ・ベーメルマンス

商品詳細を見る


マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1973/05/10)
ルドウィッヒ・ベーメルマンス

商品詳細を見る


マドレーヌといたずらっこ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)マドレーヌといたずらっこ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1973/05/10)
ルドウィッヒ・ベーメルマンス

商品詳細を見る

作者は ルドウィッヒ・ベーメルマンス さん。

1898年、チロル(当時オーストリア領)生まれ。



幼少の頃の、複雑な家庭事情から、心が荒れ、

若き頃には、絶望を何度も味わい、

様々な経緯から、芸術の世界に没頭していきます。


単身で渡ったアメリカ。

ニューヨークのレストランの壁に描いたイラスト、

アパートのカーテンに描いた

懐かしの故郷、チロルの風景などが、

編集者の目にとまり、絵本を出すことに。



洗練された文章と、

親しみあふれる、自由で伸びやかなタッチの絵♪


魅力いっぱいの作品は、世界中で、

子どもにも、大人にも、愛され続けています。




作者の亡き後・・・

お孫さんの、ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ さんが、

遺された スケッチやメモなどを元に、

未完であった『アメリカのマドレーヌ』を完成させました。

アメリカのマドレーヌアメリカのマドレーヌ
(2004/10)
ルドウィッヒ ベーメルマンス、ジョン・ベーメルマンス マルシアーノ 他

商品詳細を見る


”小粋な”マドレーヌの世界は

お孫さんにより、現在も描き継がれています。(*^^*)


 
↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/12 21:43] | 2号車*女の子と男の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |
愛しのパリ *『げんきなマドレーヌ』

『げんきなマドレーヌ』



げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1972/11/10)
ルドウィッヒ・ベーメルマンス

商品詳細を見る




古いつたの絡まるパリのお屋敷に暮らす

12人の女の子と、ミスクラベル(クラベル先生)の心温まる物語。


いちばん背の低いマドレーヌは、

小さくたって勇敢で、友達思いのしっかり者(^ ^)


ある晩、おなかが痛くて泣き出して、

入院することになってしまいます。

お見舞いに訪れた11人の女の子たちは

マドレーヌへがうらやましくってたまらない!?


最後のシーンは微笑ましくて♪

ミスクラベルの優しいまなざしに心満たされます。



この絵本が出版されたのは、1939年。今から、75年も前のこと!

何年経っても色褪せない、

絵本の中の美しいパリの街並みと風景。


エッフェル塔、オペラ座、ノートルダム寺院、

サクレ・クール寺院、チュイルリー公園・・・


背景の美しさに魅了され、

子どもたちの無邪気で愛らしい姿に

元気をもらえる絵本です♪


 
↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/09 21:00] | 2号車*女の子と男の子 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ほわほわの愛* 『ちっちゃなほわほわかぞく』
      


『ちっちゃなほわほわかぞく』
 
ちっちゃなほわほわかぞくちっちゃなほわほわかぞく
(1994/06)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る


絵本から伝わる、ほわほわのぬくもり(*^^*)

ふかふかのけがわに、ふわふわの帽子とコート♪  



初版は、本物のうさぎの毛のブックカバーが

おなかの小窓からのぞくしかけがあって、

手のひらにのるほどの ちっちゃさだったそうです。

 
  

ぬくぬくの木に住む ほわほわ家族に 、ざわざわもりのおじいちゃん。 
 

この、ほわほわには、世界一 ちっちゃな

仲間の生きものも登場します。
   
 


この愛らしい家族の日常を描いたのは、

ガース・ウィリアムズ  さん。

 

戦争を経験した彼は、平和を願い、

動物や子どもたちを心から愛し、

たくさんの愛あふれる作品を届けてくれた芸術家。  



自らの辛い経験から、同じように悲しみを持つ人を救いたいと

深い慈愛のこころで、貧しい隣人にも

惜しみなく手を差しのべたそうです。   

    

家族の愛の尊さを改めて実感させてもらえる

この絵本との出会いに感謝します。






 
↑「私もこの絵本が大好き!」または、
「読んでみようかな^^」と思ってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑










Little Fur Family Board BookLittle Fur Family Board Book
(2005/06/28)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る

『LITTLE FUR FAMILY』 
Story by MARGARET WISE BROWN
Pictures by GIRTH WILLIAMS



ku:nel (クウネル) 2009年 07月号 [雑誌]ku:nel (クウネル) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/05/20)
不明

商品詳細を見る



テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/06 21:48] | 3号車*赤ちゃんと家族 | トラックバック(0) | コメント(0) |
絵本からあふれる愛
   
  
絵本の世界は、愛にあふれていて    


 子どもたちは、いつも笑顔いっぱい 

 
私も心から癒され、しあわせを届けてもらいます。 
  

かけがえのないひとときは、神さまからの最高の贈りもの。  
  
  
 




忙しくてまわりが見えなくなったとき・・・

自分のことで精一杯で子どもにゆっくり向き合えなくなったとき・・・

こんなお母さんでいいのかなと自信がなくなったとき・・・

つい感情的になって必要以上に怒ってしまったとき・・・

素直に謝れなかったとき・・・

思うようにいかなくて落ち込んだとき・・・  


 
 

…深呼吸して、絵本を一緒に読み始めると、

そっと優しく豊かな時間を取り戻させてくれます。  

 

絵本がつないでくれる豊かな世界に、私は、

何度も何度も、救われてきました 。   

 

時空を超えて、絵本の世界に引き込まれて、

大人もワクワク♪ 夢中になってしまい
ます。     

   
  

そんな幸せな時間を 絵本好きな方々と共有したく、

ただただ自分が大好きな絵本を、

絵本棚から一冊ずつ、ご紹介していきたいと思います。     


 
↑共感してくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/03/03 00:36] | *はじめまして | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR