FC2ブログ
絵本列車 ∞ てくてくちょうむすび
こんぺいとう * 京都 「緑寿庵清水」
二十四節気 小寒(しょうかん)


小寒から大寒にかけて

一年で一番寒さの厳しい時期になりましたね。

この冬は暖冬と言われていたので、

少し油断していました…。寒さはこれからが本番!

来週には初雪の予報*子どもたちは大喜びです。


寒い日は、星がとても綺麗に見えますね。

シリウスも、ひときわ明るく輝いています☆


子どもたちと、星に見立てたこんぺいとうを、

冬の星座のオリオン座や、

北斗七星のカタチに並べてみたり

konpeito hoshi


天の川をつくってみたり。


konpeito amanogawa

夏の七夕のイメージが強い 天の川ですが、

冬空でも淡くほんのりと観測できます(^^)


冬の大三角形=おおいぬ座の「シリウス」、
こいぬ座の「プロキオン」、オリオン座の「ベテルギウス」
の中を流れています♪)




ところで皆さんは、こんぺいとう一粒の「角(ツノ)・いが」の数、

いったい いくつあるのか、数えたことがありますか?


数えているうちに、

どこからどこまで数えたか分からなくなって・・・

迷宮入り、なんてことも(*_*)!?


こんぺいとうは、核となる0.5ミリほどの小さな粒に

糖蜜を少しずつかけながら、

根気良く鍋を回し続けていくうちに

「角」が成長していって、

2週間ほどかけてようやく完成します。


ちょっと難しい話になりますが・・・

こんぺいとうは、粒子がランダムに核にぶつかる

ブラウン運動によってできる結晶体で、

*雪の結晶*と同じメカニズムを持つのだそうです。


でも、なぜ自然に「角」が生まれるのかは

未だに解明されておらず、神秘そのものなんだとか。


ちなみに、この「角」の数、

平均すると、約30個になるそうですよ〜(^ω^)

皆さんも、こんぺいとうを食べるときは、

ぜひ、いくつか数えてみてくださいね♪


*************************************

京都にある日本でただ一軒の金平糖専門店 、

緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)」

創業 弘化4年(1847年)

http://www.konpeito.co.jp/


熟練の職人さんたちが 伝統製法を守りながら、

新しい味を 次々に生み出しておられます。


一般的に金平糖は

”砂糖以外の素材を加えると、結晶しない”

と考えられていましたが、その常識をくつがえし、

今では50種類を超える風味が揃っています!


金平糖は、その日の気温や天候によって

蜜の濃度、釜の角度や温度を決め、

釜で転がる音を聞いて その状態を見極め、

五感をはたらかせて 技を身につけていくもので、

決まった製法というものは無いのだそうです。


砂糖だけの金平糖が作れるようになるのにも

コテ入れに10年、蜜掛けに10年・・・

約20年かかると言われています。


さらに果物やお酒などの素材をいれたものを

作り出すのは大変難しいことで、

新しい風味の製作には2年以上もかかるそうです。


同じ素材でも、酸味が多い時や少ない時があり、

同じ果物でも毎年の出来具合が違います。

天候や気温なども常に変化するため、

同じやり方で作ることはできません。


職人さん曰く、

一度完成した金平糖は、一生に一度しか

作ることが出来ない、

「緑寿庵清水にしか出来ない金平糖」!


金平糖の世界って奥深い!!




このお店には、季節限定の 金平糖もあって魅力的です♪

春には「桜の金平糖」というのがあって、

お花見のシーズンが待ち遠しいです♪


他にも、天然水サイダーや、日本酒、ブランデー、ワイン、

チョコレートやキャラメル味なんていう

珍しいものもたくさんあって(^^)

こんなに洒落た金平糖専用のケースもあるんですよ~♪

konpeito case


今回は和菓子好きの娘と、

どれにしようか、と

悩みに悩んで・・・レモン味に。


konpeito remon


暑い時期には、室温が50~60度にもなるという過酷な環境で、

職人さんたちが 片時もその場を離れずに

2週間以上もかけて作られる、緑寿庵清水の金平糖。


一粒一粒、大切に味わいながら・・・。

ほんのり檸檬の香るやさしい風味に

心も満たされました。


↑興味をもってくださった方、
クリックしていただけると励みになります↑


スポンサーサイト
[2016/01/13 23:45] | *食堂車 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

結衣

Author:結衣
『絵本からあふれる愛』 をテーマに♪
てくてく心のおもむくままに、愛溢れる絵本と大好きな作家さんのこと、日々のワクワクを綴っていきたいと思います。

夢は、お母さんと子どもたちが笑顔になれる 温かな居場所、 絵本&ソーイングspaceをつくること♪
子どもたちの刺繍クラブをつくること♪

好きなことば・・・
『千里の道も一歩から』
『Think Globally,
Act Locally』

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

絵本棚

お気に入りページ

Welcome


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

CURSOR SWITCH

お気に入り絵本シリーズ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR